CHINTAI WEBでは、賃貸住宅に係るあらゆる情報をご提供していくWEBサイトです。
築年数の経った賃貸物件を選ぶときに注意!旧耐震基準と新耐震基準ってご存知ですか?

築年数の経った賃貸物件を選ぶときに注意!旧耐震基準と新耐震基準ってご存知ですか?

築年数の経った賃貸物件を選ぶときに注意!旧耐震基準と新耐震基準ってご存知ですか?

築年数の経った賃貸物件を選ぶときに注意!旧耐震基準と新耐震基準ってご存知ですか?

賃貸物件をさがしているんですよー。私、古くても良いから家賃の安い物件が良いんです!
そうなんですね。では質問です!旧耐震基準と新耐震基準って言葉知ってます?
…。
日本はとても地震が多い国です。賃貸物件を決める前に、築年数が経っている物件選びのポイントの1つである耐震基準についてお話しておきますね!

賃貸物件探しをしている方へ、旧耐震基準と新耐震基準という言葉をお伝えしておきたいと思います。
耐震基準は今までに何度も見直されてきており、新耐震基準を満たす物件の方が、より地震に強い建物と言えます。
日本は地震が多い国なので、物件を選ぶ際にはこうした耐震基準も重要な確認ポイントの1つです。
この記事では、物件を決める前に知っておきたい、旧耐震基準と新耐震基準の違いを説明します。

そもそも耐震基準って何?

そもそも耐震基準って何?

耐震基準とは、1950年に建築基準法という法律によって定められた基準です。地震に対する建物の耐久構造の基準を示しています。
建物を設計する際に最低限度の耐震能力を満たさなければ建築が認められないというものです。
現在日本にある建物は、必ずこの基準を守らなければいけません。
耐震基準は、時と共に進化・改定が繰り返されており、『生きた法律』と言われています。
現在では、大きく分けて、『旧耐震基準』と『新耐震基準』と呼ばれるものがあります。

『生きた法律』である。

耐震基準は、今までに大震災が発生するたびに見直しが繰り返されており、1981年6月1日以降に使用され始めたものが新耐震基準、それより前に使用されていたものが旧耐震基準です。
きっかけは、1978年に発生した宮城県沖地震です。仙台市で最大震度5を記録したこの地震では、家屋の倒壊や損壊の被害が非常に大きく、7,400戸もの建物が全壊、または半壊となりました。このときの教訓から、より厳しい耐震性を求める必要性が高まり、新耐震基準が生まれたのです。

旧耐震基準とは

旧耐震基準とは

1950年から1981年(昭和56年)までに建築基準法で定められた耐震基準が旧耐震基準と呼ばれます。

旧耐震基準で期待する耐震レベル

旧耐震基準では、震度5程度の地震では即座に建物が崩壊しない事。

新耐震基準とは

新耐震基準とは

1981年(昭和56年)以降は新耐震基準と呼ばれ、耐震基準がより厳しく設定されたのです。

新耐震基準で期待する耐震レベル

新耐震基準では2つの条件があります。
1つは、震度5強程度の中規模の地震ではほぼ損傷しないこと、もう1つは、震度6強〜7程度の大規模の地震であっても倒壊や崩壊はしないことです。
地震大国の日本では、震度6〜7程度の地震が数年に1度のペースで発生しますが、そのときも建物が壊れて命を落とすことがないような耐震性が求められています。

旧耐震基準と新耐震基準の違い

旧耐震基準と新耐震基準の違い

旧耐震基準と新耐震基準では、一体どういう違いがあるのでしょうか。

震度6以上の耐震基準

旧耐震基準と新耐震基準の大きな違いは、震度6以上の耐震基準の有無です。
旧耐震基準では、震度5程度の中規模の地震では即座に建物が壊れないこと、という条件が定められており、震度6以上の大規模の地震に関する条件はありませんでした。
しかし、最大震度5を記録した宮城県沖地震では、想像以上に建物の被害が深刻だったため、震度6以上の大規模の地震の発生も想定して、耐震基準の見直しが行われたのです。

どちらの耐震基準かを確かめる方法

どちらの耐震基準かを確かめる方法

せっかく新生活をスタートするなら、もちろん地震に強い物件に住みたいですよね。気になる物件がどちらの耐震基準かを知るには、どうすればいいのでしょうか。

建築確認日をチェックしよう

1981年6月1日以降に完成した建物が、すべて新耐震基準というわけではありません。
建物を建設するときには、着工する前に建築計画がきちんと基準を満たしているどうかをチェックする必要があり、これを建築確認と呼びます。
この建築確認が実施された日が、1981年6月1日以降の建物は新耐震基準、それ以前の建物は旧耐震基準によって耐震性がチェックされています。
マンションなどは、建築期間が1年以上に及ぶものも多いです。耐震基準がちょうど切り替わるタイミングで建てられた物件に関しては、着工日や完成日ではなく、建築確認日がいつかを確認する必要があります。

築年数の経った賃貸物件を選ぶときに注意!旧耐震基準と新耐震基準ってご存知ですか?まとめ

いかがでしたか?
地震のリスクと隣り合わせの日本だからこそ、気になる物件がいつ時点の耐震基準を満たしているのかは、必ず確認した方がいいでしょう。
最近では古い物件のリノベーションがはやっていますが、特に1981〜1983年くらいに完成した建物は、建築確認日をチェックしておくと安心です。
耐震基準のことも考慮しながら、物件探しを楽しんでください!

広告
>お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

我々は、皆様にご納得いただけるまで、精一杯に賃貸物件のご提案をさせて頂くことをお約束いたします。

CTR IMG