CHINTAI WEBでは、賃貸住宅に係るあらゆる情報をご提供していくWEBサイトです。

賃貸と持ち家ってどっちがいい?メリット・デメリットを集めてみました!

賃貸と持ち家ってどっちがいい?メリット・デメリットを集めてみました!賃貸と持ち家ってどっちがいい?メリット・デメリットを集めてみました!

賃貸と持ち家ってどっちがいい?メリット・デメリットを集めてみました!

私は、持ち家派!(絶対、庭付き!)
僕は、賃貸派!(賃貸も庭付きはある!)

家は私たち誰しもにとって生活に欠かせないものです。
そして、賃貸にせよ持ち家にせよ、家賃やローンの支払いをはじめとする費用がかかります。
そこで、本記事ではそれぞれの特徴やメリット・デメリットについて解説致します。
皆様の生活スタイルや人生プランに照らし合わせてどちらを選ぶのが合理的か判断をする際の材料にしていただきたいと思います。

賃貸のメリット

賃貸のメリット

まずは、賃貸のメリットはこんな感じです。

自分の生活スタイルに合わせて転々とできる

皆様引っ越しをされたご経験があると思いますが、これは進学、就職、転勤、結婚といった生活スタイルの変化によるものである場合が多いのではないでしょうか?逆にいえば、一生涯同じ場所に住み続けるという方はかなり稀だと思います。このように、賃貸では自分の生活スタイルに合わせて家を選ぶことができるのです。

好みに応じて住み比べができる

生活スタイルとは別に、どこに住むかを決めるに当たっては自分の好みも大きな判断要素の一つになってくると思います。例えば、広い家に住みたい、自然が多い場所に住みたい、高級タワーマンションに住んでみたいなど、その時々の自分の好みに応じて様々なエリアおよび種類の物件を住み比べることができるというのは賃貸だからこそ得られるメリットであると思います。

既設の設備のメンテナンス費用がかからない

賃貸においては、入居時から既に部屋に設置されている設備(エアコンやバスタブ、洗面台など)はその部屋のオーナーの所有物です。したがって、経年劣化による故障の場合は設備の所有者であるオーナーが原則として修繕費を負担します。したがって、室内の既存設備について入居者は突発的な出費を心配しなくてもいいのです。

賃貸のデメリット

賃貸のデメリット

続いて賃貸のデメリットはこんな感じです。

家賃を払っても資産が残らない

家賃は一ヶ月間その部屋に入居することに対する費用ですので、どれだけ長く払い続けてもその後に何かが手に入ることはありません。この点が賃貸と持ち家の決定的な差であるといえます。人生において支払う家賃の総額を見積もってみると、賃貸に住み続けることが割高である場合も多くあります。

入居時に審査がある

持ち家の場合、ローンやキャッシュでその家の代金を支払うことさえできればその家に住むことができます。一方で、賃貸の場合は毎月の家賃を払えるだけの資力があったとしても、高齢者や個人事業主、外国人は入居時の審査で入居を断られる場合があります。そしてそれは貸主独自の判断によるところが大きいため、自分の努力で如何ともし難い要素なのです。

室内に造作を加えられない

上述のように、賃貸における室内の既設の設備はオーナーのものです、したがって、入居者の判断でオーナーの承諾なくエアコンを新しいものに交換したり、壁に穴を開けたりすることはできません。そして、オーナーからの承諾があったとしても、退去する際に原状に戻すことを条件にされる場合が多いため、造作の費用に加えて原状回復の費用が重ねてかかってしまうことになるため注意が必要です。

持ち家のメリット

持ち家のメリット

持ち家のメリットはこんな感じです。

ローン完済後には資産が残る

先程、賃貸では家賃を払い続けても何も残らないと申しました。これに対し、持ち家の場合は土地と建物という資産が残ります。したがって、場所によっては土地に賃貸アパートを建設してその一室に住み続けながら賃料収入を得られたり、土地と建物自体が高値で売れたりすることもあり得ます。加えて、子供や孫にその資産を引き継げるということも大きなメリットでしょう。

一生涯済み続けられる

当然ですが持ち家の場合、自宅は自分の所有物ですので、賃貸と異なり追い出される心配がありません。一方、賃貸の場合は貸主の事情で借主を追い出すということも稀にあり得ます。その心配をせずに自分の住み慣れた家に安心して一生涯済み続けられるのは人生プランを立てるうえでも非常に安心材料になります。

建物の内装も外装も自由にコーディネートできる

持ち家ならば、内装をどのようにリフォーム・リノベーションするのも自分の自由です。例えば、水回りの設備を最新のものに丸ごと取り替える、バリアフリーのための手摺を付設するといったことも随時できます。つまり、自分や両親または子供の年齢に応じて暮らしやすい家にカスタマイズできるというメリットがあるのです。

持ち家のデメリット

デメリット

持ち家のデメリットはこんな感じです。

一度購入すると引越が極めて困難

持ち家の場合は土地も建物も自分のものですので、よほどの資金的余裕(全国各地に複数の家を買えるレベル)がない限りはその家に定住する覚悟が必要です。すなわち、家を購入すると、資金的にも場所的にも拘束されるということはデメリットになり得るといえます。

ローン支払いが家計を圧迫する

多くの場合、家を購入する際には住宅ローンを組むことになります。これは35年間に渡って家の購入資金に金利を乗せて支払い続けるということです。当然ですが、一時的に資金的に厳しくなっても、毎月の支払いは続きます。一方、賃貸であればそのような場合には賃料の安い住居に引っ越したり、実家に戻ったりすることで住居にかかる費用を抑えることができます。この点も上述の家を買うことによる拘束といえます。

固定費がかかる

持ち家においては、ローンの支払い以外にも様々な固定費がかかります。例えば、設備の修繕費や維持費、税金(固定資産税および都市計画税)、これらに加えて分譲マンションであれば管理費および修繕積立金が毎月ないし毎年必ず発生します。資産を持つことにはコストが伴うということは忘れてはならない重要な点です。

賃貸と持ち家ってどっちがいい?メリット・デメリットを集めてみました!まとめ

いかがでしたでしょうか?それぞれ一長一短であることがお分かりいただけたかと思います。皆様の人生プランやどのエリアにそのような形で住むかといったことと照らし合わせながら比較検討されると最適かつ合理的な判断ができると思います。

広告
>お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

我々は、皆様にご納得いただけるまで、精一杯に賃貸物件のご提案をさせて頂くことをお約束いたします。

CTR IMG