CHINTAI WEBでは、賃貸住宅に係るあらゆる情報をご提供していくWEBサイトです。
ワンルームでの収納ポイント

ワンルームでの収納ポイント

ワンルームでの収納ポイント

ワンルームでの収納ポイント

初めての一人暮らしでは、ワンルームから始める方が多いですね。
ただ、ワンルームは収納が少なく十分にものを片付けられないこともあります。
逆に、広い部屋を借りたけど、ものだけ増えてしまい部屋中に散らかるということもあります。
生活での収納は荷物を増やさず不要なものを捨てることと、効率よくものを片付けることがポイントです。
まずは、間取りをみてカラーボックスやクローゼットを配置し、どこに何をしまうか決めて、ものの収納場所を決めます。
雑誌は本棚に入れておく、洋服はこの場所につるしておくなどです。
収納場所を決めておけば、どこに何があるのかもわかりやすいので、ものをなくすことも防げます。
収納場所を決めたら、ある程度収納に余裕を持たせます。
決めた場所に次々ものをしまうと、収納できなくなるので、収納場所は広めにとっておきます。

不要なものは思い切って捨てる

部屋を綺麗に片付けて、ものが散らからないようにするには、不要な品物は大事にとっておかず、きっぱりと捨てることです。
生活すれば、新しいものを買ってくるので、いつまでも古いものを捨てないと、どんどん部屋にものが溜まります。
例えば、通販の段ボール、買い物でもらったレジ袋、安売りで買った調味料、まとめ買いしたお菓子などは、捨てずに取っておくことが多いです。
今使わないようなものや、買ってから時間が経って使っていないものは、今後も使用する可能性が少ないので、思い切って捨てましょう。
衣類は、着ないのにいつまでも取っておき捨てられないことが多いです。
1年以上着ていない服や、似たようなデザインで着る頻度が低い服があれば、実家に持って帰るかメルカリなどで販売してはいかがでしょう。

透明なケースを収納に使う

小物を収納するときに役立つのが、仕切りです。
広い場所に小物を収納すると散らかりますが、仕切りを活用すれば、綺麗に整頓できます。
雑誌や本であれば、ブックスタンドを使うと本が倒れずに収納できます。
収納に便利なのが、透明な収納ケースです。
透明であれば、中に何をしまってあるのかわかり、使いたいものをすぐに希望の場所から取り出せます。
ケースの中をすべてひっくり返して、必要なものを探すことをしなくて済みます。
ただし中身が見えてしまって嫌だという人もいるので、そのような人はクロスなどをかけて中が見えないようにしておくのも1つの方法です。

広告
>お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

我々は、皆様にご納得いただけるまで、精一杯に賃貸物件のご提案をさせて頂くことをお約束いたします。

CTR IMG