CHINTAI WEBでは、賃貸住宅に係るあらゆる情報をご提供していくWEBサイトです。
賃貸 探し方

賃貸の探し方|探し出す時期やネット検索の方法など効率アップのコツを伝授!

賃貸の探し方|探し出す時期やネット検索の方法など効率アップのコツを伝授!

賃貸の探し方
お部屋探しって、何から始めたらいいの分からない!って方に
お部屋探しの手順をお伝えします。

賃貸の探し方、効率アップのコツ!まずは、ネット検索or店舗?

賃貸の探し方

効率を考えるとネットの時代

まずは、ファーストステップですね。
一昔前なら、住みたい街の駅で降りて駅前にある不動産屋さんの店舗に飛び込みで入る。
そこから、お部屋探しが始まるっていうのが、ほとんどでしたね。
でも、今は違います。ほとんどの方が、情報を集めてから動き出します。
何故なら、どの業界でも一般消費者は、情報を得ることが出来なかったからですね。
今やインターネットで検索すれば、プロ顔負けの情報がたくさんある時代です。
それは、賃貸業界も全く同じなんですよ。
賃貸業界では、ポータルサイトと呼ばれる賃貸物件のデパートみたいなサイトが無料で利用できます。
まずは、不動産屋に飛び込みで入る前に、ネットで相場や理想のお部屋を探してみる方がほとんどです。

ネット検索のメリット・デメリット

インターネットの検索は、メリットもデメリットもあるのでお話します。
まず、メリットは暇なときにいつでも物件検索が出来る!ということですね。
しかも、誰に気を使うこともなしに探したいだけ探せる。
不動産屋の店舗に入ってしまうと、決めてもらわないと困るって感じの営業トークが待ってるもんです。
インターネットで検索すればするほど、プロ顔負けの相場観だったりが分かってきます。

デメリットは、賃貸物件のなくなるスピードはとても早くて、ゆっくりしてると直ぐになくなってしまう。ということでしょう。
人気の賃貸物件は、空き予定といわれる段階で申し込みが入ります。
空き予定とは、退去するのは決まっているが、まだ前の方が住んでいる部屋。ということです。
どこの賃貸屋さんも人気物件の空き予定が出れば、即インターネットに掲載します。
すると、あっという間にお問い合わせが入り、さらに申し込みが入ってしまうのです。
インターネットで物件情報を入手できるのは、自分だけではなく他の方もみな同じ。
良いな!と思う物件は、たいてい他の方も良いな!って思うことが多いんですよね。
なので、ゆっくりしていると直ぐに取られちゃいます。

不動産屋の店舗に直接行くメリット・デメリット

今でも手っ取り早く、部屋を決めたい!と考えるなら
不動産屋の店舗に直接行った方が早いですね。
メリットは、自分で探さなくても良くて、探している条件を営業マンに伝えるだけで物件を提示してくれることですよね。
楽ちんです。出された物件にイエスかノーで答えればよいだけです。
デメリットは、決めなければならない空気の営業トークをされることでしょうね。
他には、自分が情報をもってないから、営業マンの事を信じるしかなくなる。
他に物件は無いですと言われると、ほんとにないのかな?と思いながらも否定できない。
不動産屋さんは、接客業というより営業という感じなので、ゴリゴリ営業してくる方も多いですね。

賃貸の探し方、おすすめポータルサイトランキング!

賃貸の探し方

効率の良い探し方は、こんなサイトを使う

インターネットで物件を検索してから不動産屋へ行こう!って思う方へ。
じゃあ、どこのサイトで物件を探すのが良いのかな?ってなりますよね。
答えは、物件情報量の多いサイト。さらに誇大広告(おとり広告)の少ないサイトが効率が良いです。
不動産業界には、誇大広告(おとり広告)はまだまだあります。
明らかに安い家賃、不動産屋に問い合わせたら『空いてますよ、見に来てください』なんて言われたが、行ってみたら『さっき埋まりました』とか、『半年しか住めない条件でこの家賃です』とか、訳の分からないことを言われて、他の高い物件を進められる。
こんな事になったら、普通なら嫌ですよね。気分も効率も最悪です。
そんなことで、情報量が多くて誇大広告の少ない、おすすめのポータルサイトはコレです。

  1. SUUMO
  2. HOMES

とりあえずは、この2択でほとんどの物件は網羅します。
他のサイトを使う必要はないと断言します。

賃貸の探し方、時期はいつ頃から動けばよいのかな?

賃貸の探し方

内見の時期はこのくらい前

まずは、住みたい時期はいつ?ってことですね。
住みたい日の最低でも1ヵ月前には動きましょう。
余裕をみて2カ月前からギリ動いても大丈夫です。
3カ月前から動くのは、やめておきましょう!
いくら気に入った物件を見つけても、大家さんが普通は待ってくれません。
ココでの動くというのは、不動産屋さんに行くというタイミングです。
自分でネット検索をするのは、いつでも大丈夫です。

賃貸業界の繁忙期のメリット・デメリットについて

ただ、賃貸業界には繁忙期というのがあるのです。
1月から3月末くらいですね。
この時期は、非常にたくさんの方がお部屋を探される時期です。
学生さんや新社会人さんなどですね。家族ずれの方も春休みに引越して新年度から新しい土地でスタートって方も多いですよね。
この繁忙期のメリットとデメリットも伝えておきます。
メリットは、供給が多くなるということ。
特に新築物件は、この繁忙期に完成させるというのが最大の特徴です。
もちろん、その他の時期にも新築物件は建ちますが、圧倒的に2月3月完成が多いですね。
デメリットは、決まるスピードが早すぎて付いていけないということですね。
昨日、空いていたのに今日はもう無くなっているなんてザラにあります。
他にも家主さんや不動産屋さんが強気になる時期ということですね。
どう強気かというと、決めてくれないなら、他の方に回します。みたいな感じですね。
ということは、ちょっとお願いしたい家賃の交渉なども聞いてもらいにくい時期ということです。

賃貸の探し方、おすすめの不動産屋ってどんなとこ?

賃貸の探し方

次は不動産屋さん選び

次は、どんな不動産屋さんを選べば良いのか?ですね。
今の時代は、物件の共有はあるので、あまり不動産屋さんを気にする必要はないと思います。
大体の物件は、A社でもB社でも取扱い出来る仕組みになっていますね。
物件の問い合わせをしてみて、親切さ丁寧さやレスポンスの早さなどで不動産屋を決めても良いでしょう。
ただ、小さな不動産屋さん過ぎると人手が足りなくて、満足いくまで物件の提案をしてもらえない可能性はありますね。

仲介手数料0円の店舗

不動産屋さん選びを費用面で考えるのも良いでしょう。
不動産屋さんの売り上げは、仲介手数料がメインです。
今、増えてきている不動産屋さんは、お客様から仲介手数料は貰わない。
大家さんから仲介手数料を貰うという会社です。
こういう不動産屋さんは非常に増えてきているので、探してみるのも良いでしょう。

仲介手数料0円の店舗のデメリット

仲介手数料0円という会社でも注意が必要なのでお話します。
不動産屋さんの売り上げは、仲介手数料だけではないということです。
付帯商品というのがあるのです。
例えば、消毒料や24時間緊急サービスなど
数万円の売値で販売しています。
結局、そういうものを付けると仲介手数料を0円にしても初期費用は変わらない。なんてこともあるのです。

あと、こんなこともあります。
A社が仲介手数料5万円とします。ただ、家賃を3千円下げてくれる交渉をしてくれる不動産屋だったとします。
B社は仲介手数料0円で交渉も何もしてくれません。
これだとどっちがお得なんでしょうか?
3千円下げて2年住めば、7.2万円浮くのです。
仲介手数料0円で交渉も何もしてくれない不動産屋さんだと損か得か分かりませんね。

賃貸の探し方、物件選びの注意点

賃貸の探し方

敷礼0円物件の注意点

賃貸探しで注意点はたくさんありますが、
敷金や礼金が0円の物件をお探しの方に注意点をお話しておきます。

短期解約違約金というのがあります。
これは、2年以内に解約したら、違約金を払ってもらいますよっていう約束の事です。
だいたい、敷礼0円物件には入っていますので、内容を理解しておいてくださいね。

大家さんがどんな方かを聞いておく

賃貸というのは、初期費用や家賃がいくら?というだけじゃないということは、理解しておいてください。
見落としがちなのは、入居後の対応がどうかという点ですね。
部屋の不具合があっても大家さんや管理会社が全然対応してくれない。
当たり前ですが、大家さんの対応って、大家さんによって全然違います。
入居者さん思いの大家さんなら良いのですが、残念ながら紹介したくないと思えるレベルの大家さんもいるのです。
不動産屋さんにしっかり大家さんてどんな方?って聞いておいてくださいね。

広告
>お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

我々は、皆様にご納得いただけるまで、精一杯に賃貸物件のご提案をさせて頂くことをお約束いたします。

CTR IMG