CHINTAI WEBでは、賃貸住宅に係るあらゆる情報をご提供していくWEBサイトです。
部屋の向きは東西南北どれがよいのか?メリットとデメリットを解説します

部屋の向きは東西南北どれがよいのか?メリットとデメリットを解説します

部屋の向きは東西南北どれがよいのか?メリットとデメリットを解説します

部屋の向きは東西南北どれがよいのか?メリットとデメリットを解説します

物件を選ぶ際に気になる事、それはバルコニーがどこに向いているかでしょう。
一般的には南向きが良いといわれていますが、都心部になると北向き住戸もあります。
それぞれの実際の住み心地はどうなのでしょうか?
今回は、南向き・東向き・西向き・北向きのメリットとデメリットを解説します。

東向きの特徴

東向きの特徴

東向きのメリット

東向きのメリットは、まず朝日が部屋に差し込む事です。
人間の体内時計はまず朝日を浴びる事でリセットされ一日が始まるようになっているのですが、それを体現できるのが東向きです。
また日が入るのが午前中いっぱいになるのでガーデニングにもお勧めです。
植物は強い光は苦手です。
朝たっぷり水を上げれば午前中いっぱいは日光を浴びて光合成をできますし、午後は日よけ等をする必要もなくなります。

東向きのデメリット

東向きのデメリットは、まず日が当たる時間が少ないので、午後以降特に冬場は寒くなる事です。
逆に言えば、夏日中の暑い日差しがなく部屋が涼しく感じる事ができるから、表裏一体といったところでしょうか。
また、日当たりがなくとも仮に眺望の良いマンションであったり、隣接住戸が離れているなどロケーションが良ければ直射日光はなくとも晴れていれば自然光は十分に入ってくるので、バルコニー側であれば昼間は明かりをつけずとも過ごすことはできます。
それとよく日が当たらないと洗濯物が乾きにくいとの意見はありますが、洗濯物が乾くかは大気中の湿度に起因するところもあるので、日当たりがないから乾かないという事はありません。
浴室乾燥機などを活用すれば上手に東向きの部屋でも快適に生活できます。

南向きの特徴

南向きの特徴

南向きのメリット

南向きのメリットは、まず日当たりが一番取れる事です。
一日の日当たり時間が東・西向きに比べて4時間程度長く、どの季節でもバルコニー側に光が差し込むのが良いですね。
特に寒い冬場などは太陽の光が部屋に入ると暖かくなるので、暖房代の節約にはなりそうですね。
逆に夏場最近は異常に暑いので冷房代が多くかかります。
特に部屋にペットなどを飼っていれば一日中エアコンをつけていないといけないので、これも表裏一体ですね。
また、南向きは圧倒的に部屋として人気があります。
物件を探す時に北向きや西向きから探す人なんていなくて、まずは南向きから探し始めますよね。
なので分譲であれば将来的な資産性維持の一つの要素にはなりますし、賃貸住宅であれば貸しやすい物件になりますし賃料も高く設定できたりします。

南向きのデメリット

南向きのデメリットは、人気があるがゆえに分譲であれば価格は高くなりますし、賃貸であれば賃料は一番高くなります。
当然に一番条件が良い住戸と考えられますし、需要と人気が高い向きになるので当然です。
また南向きのマンションの場合、3LDKだとだいたい寝室は北側に配置される事が多く、一日真っ暗な部屋ができてしまう事もデメリットでしょう。
梅雨時期だと湿気も溜まりやすいので注意が必要です。

西向きの特徴

西向きの特徴

西向きのメリット

西向きのメリットは、休みの日に朝寝坊したとしても日当たりがある事でしょうか。
なので夜型の仕事をしている人にはピッタリな向きです。
また冬場は西日が夕方に差し込むので部屋が暖かくなります。
逆に夏場は西日で部屋が暑くなるので、遮光カーテンや断熱をするぺアガラスなどで暑さ対策をしたいところです。
分譲価格や賃料は、南向きより割安に設定され、東向きよりも多少割安に設定される事が多く、ゆえに日が当たる部屋の中では一番割安です。
これも東向きと一緒で眺望やロケーションが良ければ、直射日光は入らずとも自然光は十分に確保できるので快適に過ごすことができるのです。

西向きのデメリット

西向きのデメリットは、日当たりが午後からになるので朝方の生活の人には不向きといったところでしょうか。
一日の日照時間は4時間程度になります。
因みに都内であれば富士山が見えるのはだいたい西側になるので、富士山ビューのロケーションを求めている人であれば西向きは別格の扱いになりますね。

北向きの特徴

北向きの特徴

北向きのメリット

北向きの住宅は特に都心部に多いですね。
都心部は用地が限られているので向きの拘りなどを言っている場合ではないのかもしれません。
北向きのメリットは、向きの妥協ができれば都心部の好立地に住める可能性が高くなることでしょう。
誰もが敬遠しがちな北向きですが、ライフスタイルによってはありです。
例えば、生活が夜型の人とか、普段の仕事が忙しく独身で家は寝に帰るだけという人も北向きで十分ですね。
また日当たりがないので酷暑の夏は涼しいので光熱費は安く済みます。
逆に冬は床暖房などを多用する事になると思いますが、寒い時は南向きでも床暖房を使うのであまり差をないのかもしれません。

北向きのデメリット

北向きのデメリットは、日差しが一切ない事です。
洗濯物に直射日光が注ぐ時間は全くないので、浴室乾燥機なども活用していきたいところです。
また分譲マンションでは北向き住戸は需要が少ないので売却に苦労する可能性はありますが、ロケーション次第だと思います。
タワーマンションの場合は北向きでも自然光は入るので明るい部屋もあります。
眺望が良ければ北向きでも需要はありますし、タワーマンションの場合はダイレクトウィンドウで窓が開かない部屋もあるので南向きだと春でも暑いと言われますが、北向きは直射日光もなく快適に過ごせます。
なので北向きの需要は部屋のロケーションによって変わってきます。

部屋の向きは東西南北どれがよいのか?メリットとデメリットまとめ

今回は様々な向きのメリットデメリットなどを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。
物件選びでどこ向きかは重要要素ですが、物件毎に向き以外の様々な特性もあります。
今一度ライフスタイルを見つめ直し、自身にとって最適な物件選びをしていきましょう。

広告
>お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

我々は、皆様にご納得いただけるまで、精一杯に賃貸物件のご提案をさせて頂くことをお約束いたします。

CTR IMG