CHINTAI WEBでは、賃貸住宅に係るあらゆる情報をご提供していくWEBサイトです。
賃貸契約をする時の必要書類。どんな書類を提出するの?

賃貸契約をする時の必要書類。どんな書類を提出するの?

賃貸契約をする時の必要書類。どんな書類を提出するの?

賃貸契約をする時の必要書類。どんな書類を提出するの?

賃貸住宅の契約時には、必要書類の提出を求められます。
本人確認や収入を証明するための書類です。
お部屋探しを始める前に必要な書類を知り、事前に準備しておけば、手続きをスムーズに進める事ができるでしょう。

契約者本人と連帯保証人の書類が必要です

契約者本人と連帯保証人の書類が必要です

賃貸住宅の契約には連帯保証人が必要です。
必要書類の提出もお願いすることになりますので、事前に承諾を得るようにしてください。
連帯保証人の氏名、住所、勤務先、年収等の情報は入居申し込みの段階で必要になります。
保証協会を利用する物件も増えてきています。
この場合、連帯保証人は不要になります。

提出する必要書類を、契約者と連帯保証人に分けてまとめてみます。

契約者が用意する必要書類

契約者が用意する必要書類

入居申込書

不動産会社から受け取る書類です。
申し込む物件が決まった時に、契約者本人が記入します。
氏名、現住所、勤務先、勤続年数、お勤め先の資本金、お勤め先の従業員数、年収等の情報が必要です。
この時に、契約者と同じく連帯保証人の情報も必要になりますので、事前に確認しておきましょう。

本人確認書類(顔写真付き)

顔写真付きの条件が付く事が多いので、運転免許証やパスポートのコピーを用意しておきましょう。

収入証明書

収入証明書の提出に関しては、入居申し込み時ではなく、契約書の作成時で良い場合があります。
どちらにせよ必ず提出する書類ですから、前もって用意しておきましょう。
勤め人であれば、源泉徴収票を準備しましょう。
もし勤続期間が1年未満であれば、直近の給与明細3か月分を用意するようにしてください。
源泉徴収票の準備が難しい人や、自営業者の人は役所にて住民税決定通知書を用意してください。
住民税決定通知書は、昨年1年間の年収を証明する書類になります。

契約書

不動産会社から事前に預かり、内容をよく確認してから記入するようにしましょう。
契約者預かり分と貸主預かり分の2通、記入作成する必要があります。
捺印に関しては、契約者は認印で問題ありませんが、連帯保証人は実印での捺印を求められます。
割り印等、あまり馴染みの無い作業もありますので、不動産会社によく確認をして記入作成するようにしましょう。

住民票の写し

「住民票原本」は役所に保管されているもので、私たちが手にする書類は正式には「住民票の写し」と呼びます。
入居者全員分の住民票の写しが必要です。
家族での入居の場合は、世帯全員分(続柄含む)が記載されたもの。
一人暮らしの場合は、入居者のみ記載されたものを用意しましょう。
ルームシェア等の場合は、入居者全員がそれぞれ用意する必要があります。
本籍地の記載は基本的には不要ですが、念のため不動産会社に確認するようにしてください。
また、必ずマイナンバーの記載されていないものを用意するようにしてください。
マイナンバーが記載されていると、不動産会社は受け取ることが出来なくなってしまいます。

顔写真

顔写真を求められることがあります。
入居者全員の顔が認識できれば大丈夫ですので、家族写真等で問題ありません。

銀行通帳と銀行口座印

家賃の支払い方法が口座引き落としの物件を契約する場合、銀行通帳と銀行口座印を用意する必要があります。
クレジットカード支払いの物件も増えてきています。
物件によって支払い方法は様々ですので、不動産会社に確認するようにしてください。

連帯保証人が用意する必要書類

連帯保証人が用意する必要書類

印鑑証明書

連帯保証人は契約書への捺印は実印になります。
そのため、その印鑑の印鑑証明書の提出が必要になります。

必要書類は3か月以内に発行されたものを用意する

本人確認や支払い能力の証明のための書類ですので、あまりにも古い書類では受け付けてもらえません。
3か月以内に発行したものを用意しましょう。
免許証は現在有効のものであれば問題ありません。

住民票の写し

基本的には住民票の写しは不要ですが、契約者と同じく住民票の写しが必要な場合もあります。
連帯保証人のみ記載のもので本籍地の記載は不要です。
マイナンバーが記載されていないものを用意するようにしてください。

収入証明書

基本的には収入証明書は不要ですが、学生さんの契約などでは連帯保証人の収入証明書も必要となります。
勤め人の場合は源泉徴収票を準備してください。
自営業の人や、源泉徴収票を用意できない人は、役所で発行してもらえる住民税決定通知書を用意するようにしてください。

 

お部屋の内覧前に揃えておきましょう

お部屋の内覧前に揃えておきましょう

お気に入りのお部屋が見つかり入居の申し込みをする段階になると、必要書類の提出が必要になります。
入居審査を通過し契約書の作成の段階になると、また必要書類の提出を求められますので、前もって内覧前に用意しておきましょう。

不動産会社が準備している書類は「入居申込書」と「契約書」ですので、それ以外を用意します。

「住民税決定通知書(収入証明)」は入居申し込み時に、
「住民票の写し」は契約書作成時に必要になります。
どちらも役所で発行してもらうものですので、同時に用意しておけば手間が省けます。

面倒な必要書類集めを事前に済ませておけば、気持ちに余裕を持ってお部屋探しをすることが出来ます。

必要書類集めは不動産会社に確認をしながら、落ち着いて進めていくようにしましょう。

広告
>お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

我々は、皆様にご納得いただけるまで、精一杯に賃貸物件のご提案をさせて頂くことをお約束いたします。

CTR IMG