CHINTAI WEBでは、賃貸住宅に係るあらゆる情報をご提供していくWEBサイトです。
賃貸の部屋探しをされる方へ、都市ガスとプロパンガスの物件の違いを解説

賃貸の部屋探しをされる方へ、都市ガスとプロパンガスの物件の違いを解説

賃貸の部屋探しをされる方へ、都市ガスとプロパンガスの物件の違いを解説

賃貸の部屋探しをされる方へ、都市ガスとプロパンガスの物件の違いを解説

賃貸物件を探しているときに、よく都市ガス・プロパンガスという文言を目にしませんか?ガスはガスでも都市ガスとプロパンガスでは料金や供給方法に大きな違いがあります。
そこで、事前にこれらの知識を身につけておくことで賃貸物件のガスについて正しく理解しておきましょう。

都市ガスとは?

都市ガスとは?

都市ガスにおいては、電気や水道と同じように地面の下に通されたガス導管を通じて各契約者の家庭にガスが供給されています。では、なぜ都市ガスという名前がついているのでしょうか?都市ガスでは地下の導管を伝って各家庭に供給されており、このガスの導管を設置するには地下を長距離に渡って掘る必要があります。そして、この工事には莫大な初期費用が必要になります。したがって、人口がある程度密集している地域でないとガスの導管を引いても初期費用を回収できません。そのため、主に都市部で使用されるものであることから都市ガスと呼ばれているのです。ちなみにですが、日本ではおよそ3分の2の家庭が都市ガスを利用しています。

プロパンガスとは?

プロパンガスとは?

プロパンガスにおいては、液化されたガスを容器(ガスボンベ)に充填し、その容器を各契約者の家庭にガスが供給されています。したがって、プロパンガスの物件には1階にガスボンベが何本か設置されています。住居が密集していないエリアでは、都市ガスのようにガス導管を引くのが非効率であるため、このように容器ごとガスを供給する形がとられます。居住エリアの広さが限られている地方都市や隣家まで距離が空いている郊外などでは、ガス導管を引くよりもプロパンガスを配送する方がコストも安いうえ、ガスを供給しやすいのです。

都市ガスとプロパンガスの違いは?

都市ガスとプロパンガスの違いは?

利用可能なガス器具が異なる

都市ガスとプロパンガスでは、ガスの成分や熱量(ガスが燃えた際に発生する熱の量)が異なります。これによって、両者で同じガス器具を使うことができません。したがって、ガスコンロをご自身で用意される場合は、住む予定の物件のガスタイプに対応しているか要確認です。また、住んでいる物件で貸主の都合によりガス会社が変更になるというケースがたまにあります。この場合も今まで使っていたガス器具が使えなくなるということが起こり得ます。しかし、このような場合でも部品を一部交換すれば引き続き同じガス器具が使えるという場合も多いので過度に心配しすぎることはないでしょう。

料金設定の違い

実際に入居をするに当たって最も気になるのはガス料金についてではないでしょうか?当然、同じ量のガスを利用するのであれば料金が安い方がいいですよね。
そこで、都市ガスとプロパンガスの料金についてみていきましょう。

都市ガスの料金は2017年4月に市場の自由化がなされるまで、政府の認可が必要な「規制料金」でした。
つまり、各都市ガス会社は料金に大きな差をつけられなかったということです。

一方、現在はその規制がないため、各都市ガス会社は自由に料金を設定することができます。
これによって、新しく参入した都市ガス会社が規制料金よりも安価な料金プランを提供できるようになりました。
すなわち、競争によってより良いサービスをより安く提供できるようになったということです。
しかしながら、従前の規制料金の影響は根強く、規制料金の価格と大幅に乖離のある料金を提示している都市ガス会社はほとんどないのが実情です。
したがって、都市ガスにおいては販売店同士の価格の差が劇的に大きいケースはほとんどないといえます。

これに対し、プロパンガスの料金は都市ガスと違い、「自由料金」が貫かれてきました。
つまり、サービスの普及当初から価格設定に関する規制がなく、各プロパンガス販売店がコスト(仕入価格や人件費など)と利益を考えて自由に価格を設定してきたという歴史的背景があります。

つまり、都市ガスの規制料金のような基準となる価格が存在しなかったため、プロパンガスは販売店によって価格もばらつきがあります。
可能な限り消費者に安い価格でプロパンガスを供給することを目指す企業もあれば、利益を増やすために必要以上に高い価格で販売している企業もあります。
そのため、同じ地域でも2倍近く価格が違うケースもあります。

これらの前提を踏まえたうえで述べると、ガス料金を安く抑えることができるのは都市ガスです。
その理由は、都市ガスはプロパンガスよりも各家庭にガスを供給するための手間が少ないためです。
上述のように、都市ガスは地下に引かれた導管で各家庭にガスを供給しています。
これに対し、プロパンガスはガスボンベにガスを充填し、それを物件現地まで運搬・設置するという工程によるコスト(輸送費、人件費)、さらに定期的にガスボンベの交換を行うというメンテナンスコストが都度発生します。

すなわち、これらのコストの差がガス料金にも反映されているということです。
一方で、上述のように現在はガスの市場の自由化がなされているため各会社によって料金が異なります。
したがって、ガスの契約をする際はご自身のガス使用量や居住地域に合わせてガス会社を選ぶことが重要になります。

広告
>お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

我々は、皆様にご納得いただけるまで、精一杯に賃貸物件のご提案をさせて頂くことをお約束いたします。

CTR IMG