CHINTAI WEBでは、賃貸住宅に係るあらゆる情報をご提供していくWEBサイトです。
賃貸住宅でのトラブル!体験談シリーズ CASE.9

賃貸住宅でのトラブル!体験談シリーズ CASE.9

賃貸住宅でのトラブル!体験談シリーズ CASE.9

賃貸住宅でのトラブル!体験談シリーズ CASE.9

こんにちは!
今回の『賃貸住宅でのトラブル!体験談シリーズ』とは、とある方の実体験をご本人にまとめてもらい、記事にさせて頂く体験談シリーズです。
今回は、23歳の時に出会った彼と結婚をした主婦さんからです。内容は、変わった隣人とのトラブル話です。

アパートの隣の部屋に引っ越してきた男性とのトラブルがありました

アパートの隣の部屋に引っ越してきた男性とのトラブルがありました

私は23歳の時に出会った彼と結婚をした主婦です。
高からず安からずの賃貸アパートの1階に住み、家電量販店で散々値切ったテレビを見ながらコンビニスイーツを二人で食べるという生活を、そこそこ楽しんでいた私達の間に
目の中に入れても痛くないほど可愛い息子が産まれました。
初めての子育てに悪戦苦闘しながらも愛情をたっぷり注ぎ楽しい日々を過ごしておりました。
そんな私たち家族にある面倒な出来事が起こりました。アパートの隣の部屋に引っ越してきた男性とのトラブルです。

廊下に放置された日本酒や焼酎の空き瓶がそのまま放置されだした。

廊下に放置された日本酒や焼酎の空き瓶がそのまま放置されだした。

場所は千葉県某所、今から13年前、息子がまだ2歳の時の出来事です。
ある日、私たち家族が住むアパートの隣に60代位の年配の男性が一人で引っ越してきました。
その年配の男性はあまり他人とのコミュニケーションが好きではないのか、すれ違いざまの挨拶といった軽い交流すらなく数ヶ月が過ぎていきました。
私が挨拶をしても無視をされます。
子供が挨拶をしても無視をされていました。
息子2歳は、なんにでも興味を持ち好奇心旺盛です。
部屋のフローリングにクレヨンでお絵描きをする、ティッシュペーパーの中身を全部出して遊ぶ息子はまさに自由奔放です。
雨が降っていない限り毎日散歩と公園で一日を謳歌しておりました。

廊下がまるでボーリング場

そんなありふれた日常送っておりました私たちですがお隣が引っ越してきて数ヶ月がたち明らかに変わってしまったものがありました。
それは玄関を出てすぐの通路の風景です。
お隣の部屋の玄関先の通路の上は資源ごみとして捨てずに放置された日本酒や焼酎の空き瓶がそのまま放置され、その光景はまるでボーリング場のセットされたピン(3レーン分)
そのもので正直言って通るときかなり邪魔でした。
しかも私の隣で手をつないで歩いているのは2歳の可愛いやんちゃ坊主。その空き瓶を触りたくて仕方が無いのです。
いつかまとめて処分するのだろうと思い続けて数ヶ月が経っていました。
確かに瓶の資源ゴミの収集日は可燃ごみの収集日と比べて遥かに回数が少なく一度出しそびれると次は遥か先となってしまうのですが。
60代の年配の男性にとって空き瓶の山は捨てるだけでも重労働で大変だろうと思いずっと何も言わずに黙っていました。
その通路を通るのも私たち家族とその年配の男性だけなので私たちが我慢すればと思っていました。

玄関前は私たち家族の専用レーン

どんどん増えていく空き瓶は遂に私たちの部屋の目前まできてしまいました。
流石に我が部屋の玄関前は私たち家族の専用レーン。そこにピンを…ではなく空き瓶を置かれてはごく普通の私たち家族も黙ってはいられません。
2歳の息子が転んで瓶で怪我でもしたら大惨事です。
そろそろきちんとお隣さんと話をしなきゃといけないと思っていた矢先に2歳の息子がうっかり通路に並べられた瓶を大量に倒してしまったのです。
ガラガラと大きな音をたて本当にボーリングのピンのように…その大きな音に隣人の年配の男性が部屋の外へ出てきました。

凄まじい声の音量と感情の激しさ

私も直ぐに誤ったのですが隣人の男性は2歳の息子に向かって大きな声で唐突に怒鳴りだしました。
凄まじい声の音量と感情の激しさで正直何を言っているのか全く聞き取れませんでした。
それは言葉と言うより叫びに近かったのだと思います。
呂律も全く回っていませんでした。
顔は赤く凄くお酒臭い。
真昼間から、泥酔していたのです。
叫ぶだけではなく今にも暴れだしそうな状況に私は強い危機感を抱き、私の横で固まって怯えている息子を抱えて直ぐに部屋の中に避難しました。
怒りがおさまらない隣人は私たちの部屋の玄関の扉を何か叫びながらドンドン叩いていたので直ぐに警察にSOSの電話をかけました。

警察にSOSの電話

警察にSOSの電話

その後は、警察の方がすぐ近く駆けつけてくれて泥酔して暴れている男性を保護?してくれました。
その後、警察の方から聞いた話によると隣人の男性は長年にわたりアルコール依存症で、病院で治療目的の入院もしていた時期もあったとの事でした。
その後は息子も特にトラウマとなって外出を嫌がったりすることもなく日常へと戻っていきましたが、やはりまた同じようなことがいつおこるかもわからないので、私達は引っ越しをする事にしました。

賃貸住宅でのトラブル!体験談シリーズ CASE.9【感想】

次に住んだのは、子供が伸び伸びと暮らせるように建売りですが一軒家にしました。
世の中には色んな人がいます。いい人もそうでない人も。依存症で悩む人も。集合住宅に住むということは、そういう事を受け入れる覚悟もある程度必要なのかと思いました。

広告
>お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

我々は、皆様にご納得いただけるまで、精一杯に賃貸物件のご提案をさせて頂くことをお約束いたします。

CTR IMG