CHINTAI WEBでは、賃貸住宅に係るあらゆる情報をご提供していくWEBサイトです。
賃貸を借りるときに必要な保証会社って何?連帯保証人がいても必要?

賃貸を借りるときに必要な保証会社って何?連帯保証人がいても必要?

賃貸を借りるときに必要な保証会社って何?連帯保証人がいても必要?

賃貸を借りるときに必要な保証会社って何?連帯保証人がいても必要?

賃貸物件の入居申込をする際、不動産会社の担当に「この物件は保証会社の利用必須です」と言われ、入居申込書と一緒に保証会社の審査書類も書いたご経験はありませんか?
賃貸不動産にあまり馴染みのない方は、そもそも保証会社とは何か、保証会社と連帯保証人との関係がどうなっているかといったことをご存知ないかと思います。
そこで、本記事ではこれらがそれぞれ何なのか、賃貸物件に住む人にどのような影響を与えるのかといった点について解説致します。

そもそも、保証会社とは?

そもそも、保証会社とは?

保証会社とは、賃貸物件において賃借人が家賃を支払えなかった場合に、賃借人に代わって賃貸人に賃料を立て替える会社のことです。
原則として連帯保証人を立てる場合は加入不要ですが、そうでないケースも多いのが実情です。
つまり、現状の賃貸物件のほとんどにおいてこの保証会社の利用が必須条件になってきております(連帯保証人の有無に関わらず)。
物件の募集図面に「保証会社利用必須」といった文言が記載されている場合がそれに該当します。
それでは、保証会社が賃借人にどのような影響を与えているのでしょうか?この点について解説していきたいと思います。

まず1点目は加入および利用するうえでの費用です。保証会社は賃貸人のための制度(貸主が家賃を取りっぱぐれないようにするため)でありながら、加入および利用に係る費用は賃借人が負担しなければなりません。
目安ですが、加入時に賃料および共益費または管理費の合計額の半分を加入費として支払い、その後も毎年数千円ないし1万円程度を支払わなければなりません。

2点目は、保証会社を利用するにも審査に通過する必要があるということです。
保証会社は賃借人に代わってその賃料を立て替える責任を負うことになるので、経済的に信用のない賃借人の利用は断らざるを得ません。
したがって、賃貸人とは別に保証会社でも独自に賃借人の審査を行います。
すなわち、賃借人は物件を借りる際に賃貸人の審査と保証会社の審査を二重にかけられることになるのです。
当然、この両者の審査をいずれもクリアしなければ部屋を借りることはできません。
実際に賃貸人の審査は通ったが、保証会社の審査で落ちて入居ができなかったというケースも存在します。

連帯保証人の役割とは?

連帯保証人の役割とは?

連帯保証人も役割としては保証会社と同様ですが、連帯保証人の場合は保証会社を利用する際に必要な上述の費用・審査が不要であるという点が異なります。
連帯保証人には両親や兄弟姉妹、親族を立てるケースが多いのですが、彼らの承諾があれば原則として連帯保証人になってもらうことができます。

そのような中で賃貸人が保証会社の利用を必須とするのはなぜでしょうか?
連帯保証人でも同じ役割を果たせると考えられるため、疑問が生じます。
答えはシンプルで、賃貸人からすれば保証会社を利用してもらった方が確実に賃料を回収できるためです。
保証会社は会社の経済活動として賃料保証サービスを行っているため、会社が倒産しない限りはほぼ確実に賃貸人に賃料保証のサービスを提供できます。
一方、連帯保証人は賃借人と同様に通常の個人であるケースが多いです。
したがって、賃借人とともに連帯保証人までもが行方をくらませるという事態も容易に想定できます。
そうだとすると、賃貸人からするとより確実に賃料を回収できる手段を取りたいと考えるのは当然といえます。

借主にとって有利なのは保証会社?連帯保証人?

借主にとって有利なのは保証会社?連帯保証人?

上述のような観点から、保証会社は得てして賃貸人のためのものであるということがお分かりいただけたかと思います。
それでは、賃借人の立場からして有利なのは両者のうちどちらなのでしょうか?以下2つの側面から検討したいと思います。

費用面

費用面から検討するのであれば、借主にとって有利なのは連帯保証人です。
保証会社を利用するには上述のような初期費用および定期的な固定費がかかり続けます。
少しでも安く部屋を借りたいのであれば、保証会社の利用が必須ではない物件を選ぶか、賃貸人に交渉して保証会社の利用を免除してもらうかのいずれかの手段を取る必要があります。

手続面

一方、手続面から検討するのであれば、借主にとって有利なのは保証会社です。
保証会社を利用するには審査がありますが、それを差し引いても現代の賃貸物件市場においては保証会社の利用を必須とする物件が圧倒的に多いためです。
したがって、賃貸人に保証会社の利用を免除してもらうよう交渉を持ちかけたとしても要望が通る可能性は決して高いとはいえません(特に大都市圏の人気エリアにおいては)。
そこに時間と労力を割くのであれば、加入に係る費用を支払ってもスムーズに入居手続を進めた方が賢明といえるでしょう。

賃貸を借りるときに必要な保証会社って何?連帯保証人がいても必要?まとめ

保証会社は現代の賃貸物件市場においては当たり前の存在になりつつあるものです。
すなわち、その利用なしには賃貸物件に住むことができなくなる時代が訪れつつあるともいえます。
これらの背景をご理解のうえ、読者の皆様がトラブルなくスムーズに部屋を借りられるようになっていただければ幸いです。

広告
>お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

我々は、皆様にご納得いただけるまで、精一杯に賃貸物件のご提案をさせて頂くことをお約束いたします。

CTR IMG