CHINTAI WEBでは、賃貸住宅に係るあらゆる情報をご提供していくWEBサイトです。

賃貸の大家さんがウォシュレットを付けてくれない!なら、自分でやろう!

賃貸の大家さんがウォシュレットを付けてくれない!なら、自分でやろう!

ウォシュレットってすでに販売から40年程経過しているのはご存じでしたか?
40年を経て、現代の日本人の生活には欠かせない設備になっていますよね。
発売当時は、高級な設備であり、お金持ちしか持っていないという感じでした。
しかし今では、建築年数が浅い建物であれば、ほぼ100%設置されているでしょう。
もし、賃貸マンションを借りる際にウォシュレットが付いていなければ・・・。
私なら、その物件はやめておきます(笑)
しかし、予算の兼ね合いで更に上の物件を選べない場合は、しかたありません。
大家さんにお願いして付けてもらうか、実費で付ける事の許可をもらいましょう!

ウォシュレットって結構簡単に後付けできるんです

今、トイレについていなくても、諦めてはいけません。
実はウォシュレットは後付けすることが出来るのです。
洋式タイプの便器であれば、便座を交換する事でウォシュレットを使用できるようになります。
少し頑張れば、素人でも簡単に取り付ける事が出来るのが、ウォシュレットの良い所です。
なのですが、賃貸マンションにお住まいならココで注意です。

出来れば、契約前に大家さんにウォシュレットを付けて欲しいと交渉してみる

まず、契約前なら交渉のネタに使いましょう。
ウォシュレットは日本人にとって欠かせないツールであることは、大家さんも理解しているはずです^^
交渉が通る可能性はありますので!是非、チャレンジしてください!

工事する場合は、必ず大家さんの許可をもらう事

大家さんとの交渉が決裂した場合は、仕方ありません。実費で取り付ける許可だけでももらしかありません。
これを断る大家さんは居ないんじゃないでしょうか。
ただ、トイレ内にコンセントが無い場合は、断られる可能性はあります。
なぜなら、基本的に電気工事をする必要があり、壁に穴をコンセントを作る工事なってしまうからです。
ですので、物件を選ぶ場合は、ウォシュレットが付いていなくてもトイレに電気のコンセントがある物件にしておいた方が良いでしょう!
コンセントがあるトイレだと、ウォシュレットを取り付けて水道管をつなぐだけなので、素人でも出来ます。
ウォシュレットは、大型家電量販店やホームセンターで販売されていますので、断られた場合は買いに行きましょう!そんなに高い商品ではありません。
退去する際は、便座を元のウォシュレットじゃない方に戻してねと大家さんに言われる事もありますので、無くさないように保管しておいてください。

ウォシュレットを後付けする際の注意点

それでは、ウォシュレットを自分で取り付ける際の注意点のお話をしていきます。

トイレの形とサイズ

便座には大型サイズ(エロンゲートサイズ)と標準サイズ(レギュラーサイズ)の2種類があります。
2000年以降のものであれば大半は大型サイズです。
また、現在のウォシュレットはどちらのサイズにも適用する兼用サイズが主流になっています。
背面にタンクがあるタイプと、タンクと便器が一体型になっているタイプであれば、ほぼ問題なく取り付け可能です。

コンセントの有無の確認

電源を必要としないウォシュレットも販売されていますが、このタイプは暖房便座機能や温水洗浄機能などが使用できません。せっかく手間をかけて後付けするのですから、できる限り快適なものにしたいですよね。
コンセントの無いトイレでも、電気工事でコンセントの増設は可能ですが、もう少し手軽に照明器具から電源をとる方法もあります。
照明器具を取り付けるソケットをシーリングと言いますが、そのシーリングと照明器具の間にコンセントを増設する事ができるアダプターが販売されていますので、そのアダプターを利用します。
この場合トイレの照明スイッチをオンにしていないとそのコンセントは使用できませんので注意が必要です。

気を付けたいのは給水管への分岐金具の取り付け

自分でウォシュレットの取り付けに挑戦するなら、給水管へのアプローチが一番の難所だと思います。
止水栓で水を止めての作業が必要ですので、必ずどの止水栓を閉めればトイレへの水が止まるのか確認しておいてください。
大半はタンクへの給水管の根本に止水栓がついていますが、無い場合は一番根本から止める必要が出てきます。
玄関横のパイプスペースの中にある水道メーターの側に止水栓がありますので、それを閉めれば全てのお部屋の水が止まります。

やっぱり無理をせずに業者依頼も考えよう

ウォシュレットを自分で取り付けるには、色々なポイントを確認し、慣れない作業がたくさん必要になってきます。心配なようでしたら、販売店で設置サービスも行っているので、購入する時に見積りを出してもらいましょう。自分での取り付けが不安な人は、それから判断しても良いと思います。

ウォシュレットの豆知識

一般に定着している「ウォシュレット」という呼び名は、TOTO社の登録商標です。
ちなみに「シャワートイレ」の呼び名はINAX(LIXIL)の登録商標です
便器の分類ではなく、「温水洗浄便座」と呼ばれ、分類としては便座に入ります。
一般家庭への普及率は8割を超えているらしいです。

賃貸の大家さんがウォシュレットを付けてくれない!なら、自分でやろう!まとめ

賃貸住宅にお住いで、実際にウォシュレットを自ら取り付けられた人は非常に多いです。
大家さんも、退去時にキチンと元に戻す約束の下であれば許可してくれることが普通ですね。
取り付け作業自体も、想像しているよりも簡単だったという意見がほとんどでした。
賃貸物件に後付けしてはいけないと勘違いしている方は、是非行動してみてください。

広告
>お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

我々は、皆様にご納得いただけるまで、精一杯に賃貸物件のご提案をさせて頂くことをお約束いたします。

CTR IMG