CHINTAI WEBでは、賃貸住宅に係るあらゆる情報をご提供していくWEBサイトです。

エアコンとサーキュレーターを併用して、お得に快適に過ごそう

エアコンとサーキュレーターを併用して、お得に快適に過ごそう

ここ数年で日本の最高気温はどんどん記録を更新中です。
日本の気温の最高記録は、2018年7月23日に記録された、埼玉県熊谷市の41.1℃です。
それに伴って、熱中症による救急搬送数は年々増加傾向にあるようです。
ここ最近の日本の夏を乗り切るには、エアコンは欠かせなくなりました。
しかし、エアコンを使用すれば気になってくるのが電気代。
快適さを優先するか、節約を優先するか、難しい選択ですね。
そこで、お役立ちアイテムの「サーキュレーター」を利用すれば、電気代を抑えながら快適に過ごせるかもしれません。

サーキュレーターと扇風機の違い

サーキュレーターは空気を循環させるために設計されたものです。
直線的で、遠くまで風を届けられるように造られています。
一方、扇風機は人間が涼を得るためのものです。
人間にとって気持ちのいい風を送り出すことを目的に設計されています。
どちらも風を送り出す機能は同じですが、用途が違うため、発生させる風の性質は違います。
サーキュレーターの特徴であるお部屋の空気を循環させるという現象を利用して、エアコンの空調効果を最大限発揮することが出来ます。効果としてはエアコンの出力を下げる事によって、電気代の節約に繋がります。

サーキュレーターの使用方法

暖かい空気や冷たい空気は特徴があるので、それに合わせたサーキュレーターの使用方法があるのです。
その他の使い方についてもお話しします。

冷房時のコツは

冷たい空気は下に降りてきます。
冷房使用時は、この下にたまっている冷気を上手に部屋に循環させることが大切です。
エアコンに背を向けるようにサーキュレーターを設置し、床にたまった冷気を循環させるようにしましょう。

暖房時のコツは

暖かい空気は天井付近にたまります。
部屋の隅、エアコンの対角線上にサーキュレーターを設置し、真上に向けて送風します。
床から天井に向かって垂直に風を送ることで、天井にたまっている暖気を循環させることができます。

梅雨の時期にも使える

雨が多く、お部屋に湿気がたまる梅雨の時期にもサーキュレーターは活躍します。
梅雨の時期は窓を開けられない時間が長くなりがちですが、サーキューレーターを使って部屋の空気を循環させてあげましょう。
部屋の乾燥を助け、カビの発生を抑える事ができます。
部屋干しの衣類に送風すれば、衣類が早く乾き、生乾きの嫌な臭いを防ぐこともできます。

春や秋は空気の入れ替えに

春や秋にもサーキュレーターを使用しましょう。
窓を開けた状態でサーキュレーターを使用すれば、空気の入れ替えを促進することが出来ます。

サーキュレーターと扇風機どちらを購入しようか

寝室で使用するのであれば、扇風機が良いでしょう。
どうしてもサーキュレーターは若干音が大きいですので、就寝時には向かないかもしれません。
ロフト付きの天井が高い部屋や広いリビングなどにお住まいの方は、エアコン+サーキュレーターがオススメです。
一部分に冷気が溜まらないように、サーキュレーターで空気を循環させることでリビングのどの場所に居ても快適に過ごすことができます。
両方の機能を持った、サーキュレーター機能付きの扇風機も販売されています。

電気代はどれぐらい?

仕組みは同じですので、サーキュレーターと扇風機で電気代の違いはありません。
消費電力30Wのモノを一日12時間稼働した場合、9円程度になります。
(電力会社やプランによって違いがあります。)
最近はDCモーター搭載というモノを良く見る様になりました。
DCモーターとは直流モーターというモノで、細かい風量調整ができる特徴があります。
また電気代を安く抑えることが出来るのですが、本体価格は高くなっています。

エアコンとサーキュレーター併用時の節約効果

サーキュレーターを利用する事で、どれぐらいエアコン使用時の電気代が節約できるのか?
細かいお話になるのですが、一番気になるところではないでしょうか。

サーキュレーターでエアコンの空調効果を最大限発揮させることで、エアコンの出力を抑える事ができます。
平均的に、冷房時で設定温度を1度上げる事ができ、暖房時で設定温度を1度下げる事ができるようです。
その結果、電気代を抑える事につながります。
冷房の設定温度を1度上げた場合で約13%、暖房の設定温度を1度下げた場合で約10%節電効果があると言われています。

冷房か暖房かの違いで消費電力にかなりの違いが出てきますので正確な数字は出ませんが、エアコンを一日12時間使用すると電気代は約252円かかります。
サーキュレーターを使用する事で約10%の節電になれば、約25円の節約効果が出てきます。
サーキュレーターの電気代を差し引いて、1日約16円の節約です。
1日16円と聞くと少なく感じるかもしれませんが、1か月あたりだと約480円になり、半年間で計算すれば約2,880
円になります。
エアコン1台、1日12時間稼働で計算していますので、台数や稼働時間が増えればその分節約効果も増えていきます。
実際のエアコン稼働時間は12時間よりも長いようで、1日あたり20円近く節約になっている人も多いようです。
エアコンの設定温度を1度以上変える事が出来れば、更に節約が期待できます。

エアコンとサーキュレーターを併用して、お得に快適に過ごそう!まとめ

一昔前までは、エアコンは居間に1台だけという家庭が多かったように思います。
今では1部屋に1台が当たり前のようになり、家中が快適な温度で過ごせるようになりました。
子供部屋や寝室を含め、仮に4台のエアコンを設置している家庭だとすると、サーキュレーター使用による節約効果は1か月で約1,920円。
半年間で計算すると約11,520円にもなります。
お試し的に、今お持ちの扇風機で空気を循環させるように使用してみて、効果を検証してからサーキュレーター導入を検討してみても良いかもしれませんね。

広告
>お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

我々は、皆様にご納得いただけるまで、精一杯に賃貸物件のご提案をさせて頂くことをお約束いたします。

CTR IMG