CHINTAI WEBでは、賃貸住宅に係るあらゆる情報をご提供していくWEBサイトです。
賃貸物件の解約方法。知っておきたいポイントと注意点について

賃貸物件の解約方法。知っておきたいポイントと注意点について

賃貸物件の解約方法。知っておきたいポイントと注意点について

賃貸物件の解約方法。知っておきたいポイントと注意点について

賃貸物件の解約を考えているんですが、どのような手続きが必要ですかね?
それなら、注意点もたくさんあるので詳しく説明しましょう!

賃貸物件の解約方法については、おそらく契約時に説明を聞いていると思いますが、数年住んでいればほとんどの方が忘れてしまっているのではないでしょうか?
今回は、賃貸物件の解約方法とその注意点の話をしますので参考にして頂ければ幸いです。

賃貸物件の解約時の流れ

賃貸物件の解約時の流れ

賃貸物件の解約時の流れは、この3ステップです。

①賃貸物件の解約の意志を大家さんに伝える
②鍵の返却までの間に荷物を整理し引越する
③鍵の返却日に室内の退去立ち合いを行い解約完了

しかし、この3ステップの中に注意点が沢山ふくまれているので、ステップ順に細かくお話していきます。

①賃貸物件の解約の意志を大家さんに伝える

賃貸物件の解約の意志を大家さんに伝える

まずは、賃貸物件の解約の意志を大家さんに伝える事から始まりますね。誰にどうやっていつまでに解約の意思表示をするのかについてお話します。

解約の意思表示は大家さんか管理会社にする

ほとんどの方が、お部屋を借りる際に仲介会社を利用しているのではないでしょうか?
解約通知は、その仲介会社へ出すのではありません。
解約の意志を伝えるのは、大家さんです。もし、その賃貸物件を大家さんが直接管理しておらず、どこかの管理会社に任せているようならその管理会社へ伝えるようにしてください。

解約予告と解約月の家賃計算

ほとんどの賃貸契約の解約予告は1ヵ月前通知となっているのはご存じですか?
賃貸契約は、即日に退去したいと申し出てもそのようにはなりません。事前通知が必要なのです。
もし、解約予告が1ヵ月前と設定されている賃貸契約でしたら、退去したい月の前月末までに「次月で契約を解除する」と伝えなければならないのです。
解約月の家賃の計算は、日割りではなくその月丸々分となることが多いのです。
要は、退去する日が月の中旬であったとしても、月の終わりまでの賃料がかかるという事になります。

※解約月の家賃計算を日割り計算で行う契約もあります。
※解約予告が2カ月前予告になっている契約もあります。

解約の意志は書面と電話で確認する

もしも、解約の意思表示が大家さん側に伝わっていなかった場合は最悪の事態です。
大家さん側と事前通知分の1ヵ月の家賃の支払いについてトラブルに発展してしまうこともあるでしょう。
ですから、解約の意思表示は書面を郵送して、しっかり受理されているか電話にて確認をして下さい。
解約の通知書は、賃貸契約書の裏面だったりに必ず添付されているはずです。
もしも、解約通知書が見当たらない場合は、管理会社に問い合わせて見て下さい。

②鍵の返却までの間に荷物を整理し引越する

鍵の返却までの間に荷物を整理し引越する

しっかりと解約の通知が受理されていることを確認すれば、次のステップですね。
もしも、次の引越し先をまだ決めていない状況ならば、少し焦ったほうがよいですね。
一度出した解約通知は普通は取り消しが出来ませんので注意が必要です。
退去までに住まいに関連した契約を解約していきましょう!

電気・ガス・水道などライフラインの解約

電気、ガス、水道の契約解除手続きを済ませておきましょう。
ライフラインの電話窓口は地域によって違うのですが、ネットで『○○市+電気+ライフライン閉栓』などで検索するとすぐにわかります。
電気は電話1本で終わります。
ガス閉栓は立ち会いが必要な場合がありますので、必要な場合は賃貸物件の退去立ち会いの前後に予約しておいてください。
水道に関しては、大家さんか管理会社が検針を行っていたのであれば、賃貸物件の解約の連絡だけで他に連絡は不要ですね。
そうではなく、市などの行政が水道検針を行っている場合は、閉栓の連絡を入れるてください。戸建賃貸や小ぶりのハイツなどの建物に多いケースです。

火災保険の解約

賃貸物件を契約した際にほぼ100%火災保険を同時に契約しているはずです。
賃貸契約だけ解約して火災保険を解約をせずに引越される方も多いのですが、それでは損をする時があります。
火災保険は1年や2年の前払いで契約していることが多いので、解約をすると残りの期間分の保険料の返金があるケースもあります。
必ず保険証券を探してだして、保険会社に解約の連絡をしてください。

保証会社の解約

賃貸契約を結ぶ際にほぼ付帯してくる契約が保証会社との契約です。もうお忘れかも知れませんが、あなたが数年前に賃貸物件を契約していたなら、保証会社との契約もしている可能性は極めて高いです。
保証会社とは、あなたの連帯保証人の代わりをしてくれている会社です。
その保証会社にも物件の解約の連絡を入れておいてください。連絡を入れなければ住み続けていると判断され更新料の請求が届くケースもあります。
もちろん請求書が届いたとしても既に退去しているなら支払う必要はありませんが、気持ちの良いものではありませんね。これは電話で伝えるだけで問題ありません。

火災保険と保証会社を同じと勘違いしている方がいるのですが、違います。注意してくださいね。

住民票の移転手続きの準備と郵便物の転送設定を行いましょう

引越しをするのであれば住民票を移さなければなりません。
これは、国が定めた法律できまっていることなので、役所に転出届を貰いに行っておきましょう!
郵便物についても1年間は転送設定が出来ますのでしておいた方が良いですね。
住民票の移転手続きについては、別記事で詳しく説明していますのでご覧ください。

関連記事

引越したら住民票は移しましょう!住民票の写し方から住民基本台帳法の話まで 引越をしたら住民票は移さなければならないのですか? そうですよ。引越したら必ず住民票は移してくださいね! 移していないと不便も多いですし[…]

引越したら住民票は移しましょう!住民票の写し方から住民基本台帳法の話まで

③鍵の返却日に室内の退去立ち合いをして解約が成立する

鍵の返却日に室内の退去立ち合いをして解約が成立する

それでは、新しい新居へ引越作業を行い、空っぽのお部屋で最後の退去立ち合い行うことになります。
ここは、正念場です。賃貸契約において一番トラブルになることの多い原状回復を請求されるかどうかのお話が出てきます。

退去立ち会いまでに終えておくこと

まず、退去立ち合いまでには必ず新居に引越して、荷物は完全に運び出しておいてくださいね。できる限りの掃除もしておいた方が良いでしょう
退去立ち会いは、大家さんか管理会社の担当者が行うことになるでしょう。
やはり相手も人間ですから、汚れたお部屋ときれいにお掃除されたお部屋では印象が違います。大切に生活していたことを、お部屋をキレイに掃除してアピールしましょう。

退去立ち会いは少し緊張するかも

原状回復のための入居者負担部分はこの時に決定します。
事前に掃除をしておけば、安心して退去立ち会いを迎えることができます。
もし、原状回復を問われたらバトルになるので、細かくどの部分が入居者負担になるのか質問しながら確認していきましょう。
軽微な原状回復ならその場で〇〇万円がかかりますと告げられますが、大きな回復が必要な場合はその場で見積りはでないこともあります。
何もない場合は、立ち会いが終了し、大家さんか担当者にお部屋の鍵を返却して終了です。
原状回復については、別記事で詳しく説明していますのでご覧ください。

賃貸物件の解約方法。知っておきたいポイントと注意点について【まとめ】

賃貸物件の解約時の流れは、この3ステップです。

①賃貸物件の解約の意志を大家さんに伝える
②鍵の返却までの間に荷物を整理し引越する
③鍵の返却日に室内の退去立ち合いを行い解約完了

それぞれタイミングに応じて注意しておきたいポイントが沢山あるのでよく理解しておいてください。

広告
>お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

我々は、皆様にご納得いただけるまで、精一杯に賃貸物件のご提案をさせて頂くことをお約束いたします。

CTR IMG