CHINTAI WEBでは、賃貸住宅に係るあらゆる情報をご提供していくWEBサイトです。
賃貸物件の管理会社ってどんなことをする会社?

賃貸物件の管理会社ってどんなことをする会社?

賃貸物件の管理会社ってどんなことをする会社?

賃貸物件の管理会社ってどんなことをする会社?

賃貸住宅への入居後に何かあった場合に連絡するのはどこになるのでしょうか?
大家さんか管理会社になりますよ。

賃貸住宅へ入居後に困る事って色々あります。
賃貸借契約から入居までは街の不動産会社の営業担当に何でも相談したと思います。しかし、入居後はその物件の大家さんか、大家さんから任されている管理会社に担当は変わってしまいます。
では、管理会社っていったい何をしてくれる会社なのでしょうか?
今回は、賃貸住宅を管理する不動産管理会社の一般的な業務内容をご紹介したいと思います。

『大家さん』と『仲介会社』と『管理会社』の違いは?

『大家さん』と『仲介会社』と『管理会社』の違いは?

大家さんは建物のオーナー、管理会社は大家さんの代理
大家さんとは、不動産物件を所有しているオーナーである。
仲介会社とは、主に街の不動産屋さんで物件紹介からお部屋の内見案内をしたり、実際に賃貸借契約をしその後の入居までをサポートする会社である。
では、管理会社とは何なのか?
管理会社とは、大家さんの代わりに賃借人との様々なやりとりを代行する会社で、大家さんと賃借人との間に入る会社である。
因みに、賃貸物件の管理の仕方には大きく2種類あり、大家さんが直接管理している物件と管理会社が大家さんから管理委託を受けて管理しているケースがある(当然に管理委託料が発生する)。

大家さんが直接管理しているか、管理会社が委託を受けて管理しているか

大家さんが直接管理している場合は、月の賃料の支払いや設備不備があった場合の修繕の連絡や退居時の手続きまで、原則すべての手続きを行うのである。
なので何かトラブル等があれば基本大家さんに連絡を取るようになる。
また、大家さんから管理委託を受けている管理会社に関しては、大家さんが行う業務を代理で行う事になるので、賃料の支払いや何か設備の不備があった場合も全て管理会社が大家さんと賃借人との間に入る事になる。この場合、大家さんは管理会社に管理委託料を当然に払うのであるが、日常生活での住民同士のトラブルの解決や建物の管理や退去時の敷金の精算手続きなど、面倒な部分を全て任せられるので他の仕事と兼業である場合や、複数管理物件がある場合は委託をするケースが多いでしょう。
また、不動産の仲介会社が契約した物件の管理会社をしているケースもあるので、仲介会社=管理会社のケースもよくあります。
その場合は、入居から退居まで一貫して携わってもらえるから安心ですし、不動産会社は仲介手数料やだけでなく管理委託料も入るので一石二鳥ですね。

管理会社の業務は何?

管理会社の業務は何?

賃借人が入居中に行う主な業務とは

賃借人が入居中の主な業務は、まず月の賃料の集金業務を行います。
毎月の賃料や共益費や敷地内に駐車場があればその費用などを指定口座からの引き落としを行います。また賃料の滞納が発生した場合は督促を行うなどの業務があります。
次に、部屋の設備等に不備があった場合の連絡窓口です。
例えば、大家さんが所有のエアコンが壊れてしまった、キッチンなどの水回りから水漏れが発生したなど部屋内での不備があった場合に連絡を受け、修理業者の手配や、修理代金を大家さんに請求するなどの業務があります。
次に、日常生活の中での住民同士のトラブルや苦情を解決することです。
例えば、夜中にごみを出す住民がいるとかごみの選別が出来ていないとか、また上下階での騒音トラブルがあった場合に、解決に向けて動くのが管理会社である。トラブルの場合はお互いの意見を聞いてよき解決方法を見出すなどは大変な業務ですね。
最後に、賃貸借契約の更新手続きや退去希望があった場合に契約の解除を行います。
一般的には2年おきにある賃貸借契約期間の更新手続きや、退去の希望があった場合の手続きや、退去時の物件確認を行います。

建物の管理とは

建物の清掃や維持管理などの日常生活の上で必要な業務を行います。
管理人さんが常駐している物件であれば、まずは管理人さんを雇い派遣し、その後業務として主に建物内の清掃やゴミ出し、また日常的なメンテナンスとして照明器具の交換などを行います。
管理人さんがいない物件は、定期的に清掃人を派遣し、建物内やゴミ置き場の清掃また日常的なメンテナンスなどを行います。
また年に何回かの植栽管理やエレベーターの点検、幾年か経過し建物が劣化してきた場合は、建物の修繕を大家さんに提案したり修繕工事を手配したり建物の老朽化対策をしています。

退去前後の業務

賃借人から退去の連絡があった場合は、契約解除の手続きや退去時の物件確認を行う事や、その後のリフォーム業者の手配やクリーニング業者の手配、賃借人への明細送付と敷金の精算や追加費用の請求などがあります。
退去時の敷金精算等でトラブルになった場合も対処しなければならない。

退去後の業務として

管理会社が不動産の仲介を行っている場合は、賃借人が退去した後に新しい賃借人を募集します。
入居が決まった場合は、新しい賃借人と大家さんから家賃の1か月程度分の仲介手数料を受け取る事ができます。

賃貸物件の管理会社ってどんなことをする会社?【まとめ】

今回は賃貸の管理会社がどんな事をする会社なのかを説明してきました。
結論としては、賃貸住宅に入居中は賃料の集金や修繕の連絡などにおいて大家さんとの仲介をし、退去時にも物件確認や敷金の清算などがある事から、賃貸住宅での生活に於いては全てに関わってくる会社である。
入居者は管理会社を選ぶことは出来ないが、検討している物件を内見に行った際に管理がしっかりとされているか否かを判別できるポイントがあります。そのポイントとは、エントランスが綺麗に掃除されている、集合ポストにチラシなどが散乱していない、共用廊下に私物が置いてあったりゴミが落ちていない、ごみ置き場が綺麗に整理整頓されている、植栽があれば雑草などで荒れてなく綺麗に整えられている、という事でこれらが出来ていれば管理体制は問題ないと思います。
賃貸住宅への入居を決める際は、ぜひ参考にしてもらいたいところです。

広告
>お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

我々は、皆様にご納得いただけるまで、精一杯に賃貸物件のご提案をさせて頂くことをお約束いたします。

CTR IMG