CHINTAI WEBでは、賃貸住宅に係るあらゆる情報をご提供していくWEBサイトです。
賃貸物件の初期費用について知っておきましょう!

賃貸物件の初期費用について知っておきましょう!

賃貸物件の初期費用について知っておきましょう!

 

賃貸物件の初期費用について知っておきましょう!

賃貸物件を借りたいんですが、初期費用ってどれくらいあれば大丈夫ですかね?
借りたい賃貸物件によって違いはありますよ。それでは、初期費用について何が要るのかお話をしましょう!

賃貸住宅の入居申し込みを進めていくと、必ず「初期費用」の支払いがあります。
気に入ったお部屋が見つかって、いざ見積もりを見た時に、「想像していたよりも高いな」と思った事ないでしょうか。
実は初期費用の総額は、家賃や敷金とその他の様々な費用の積み重ねで、結構な金額になってしまうこともあります。
今回は、賃貸物件の初期費用について、詳しくお話したいと思います。

不動産会社に支払う初期費用の内訳

不動産会社に支払う初期費用の内訳

賃貸契約の初期費用の見積書の内訳はこんな感じでしょう
支払いのタイミングは、不動産会社によって違いがあるようですが、基本は「審査通過後、契約書提出前」です。
入居審査を通過していなければ、入居日も確定しません。
入居日=鍵渡し日が確定することで初期費用の『前家賃』が確定するので、総額が確定します。

①敷金、礼金
②前家賃
③仲介手数料
④火災保険料
⑤鍵交換代金
⑥消毒、害虫駆除費用
⑦保証会社料

他に引っ越し費用も必要になってきます。

それでは、順番に項目の解説をしていきます。

①敷金、礼金

敷金
敷金は、修繕費用や家賃滞納時に充てられる預け金です。
退去時に実費精算し、差額が返還されます。

関西地方では、「保証金」として大家さんに預けることもあります。
退去時の実費精算ではなく、「敷き引き」として金額を固定している物件もあります。

最近の敷金の相場は家賃の1~3か月ほどです。

礼金
礼金はその名の通り、大家さんへお礼として渡すお金です。
家賃の1~2ヵ月分が相場になります。
退去時の原状回復費用は、実費で請求されることになりますので注意が必要です。

物件によっては、敷金のみ、礼金のみ、敷金と礼金の両方が設定されているなど様々ですので、必ず確認するようにしてください。

最近は敷金も礼金もゼロの物件が増えてきていますが、退去時に原状回復費用を実費で請求されることになりますので注意するようにしましょう。

②前家賃

賃貸住宅の家賃は前払い制です。
入居開始日が1日であれば家賃全額を支払うことになりますが、10日からであれば日割りで計算して支払います。
入居開始日が月末に近くなると、翌月の家賃も同時に請求されることになります。

入居日とは、大家さんから鍵を受け取った日になりますので、実際に生活を始めるよりも前の日付になります。
現在の住まいの家賃と、新しい住まいの家賃が重なることになりますので、出来るだけ安く抑えたい項目です。

③仲介手数料

お部屋を仲介してくれた不動産会社へ支払う手数料です。
家賃の1か月分+消費税が上限額です。
最近は家賃の半月分としている不動産会社が一番多いのではないでしょうか。

④火災保険料

火災などで損害が生じた場合、借りているお部屋の原状回復や、自身の家財等を保証するための保険です。
契約時に不動産会社から保険会社を紹介されますが、どの保険会社に加入するかは自由です。
事前に調べておけば、火災保険料をおさえることが出来るかもしれません。
2年契約のものが多いようで、15,000円程度が相場になっています。

⑤鍵交換代

契約するお部屋の鍵を交換してもらうための料金です。
相場は1~2万円程になります。
追加費用を負担すれば、防犯性能の高い鍵への交換を対応してくれる場合があります。
希望があれば相談してみましょう。

⑥消毒、害虫駆除費用

家財が入る前に、消毒、害虫駆除を行うための費用です。
義務ではなく任意ですので、施工するかしないかは入居者が判断してください。
もちろんお断りしても何も問題はありません。
1~2万円程が相場になっています。
※中には強制してくる業者もあります。

⑦保証会社料

昨今では、連帯保証人を取らずに保証会社を利用するケースがほとんどになっています。
その保証会社に支払う料金も初期費用に入ってきます。
契約する物件の家賃の半月分程度が保証会社料の相場です。

初期費用総額の目安

初期費用総額の目安

初期費用の総額をあらかじめ想定しておいた方が、お部屋探しがスムーズに進むと思います。
総額で、家賃の4か月分+50,000円程度が目安になります。

例えば家賃が5万円だった場合、総額で25万円程度。
家賃が10万円だった場合は、総額45万円程度になるでしょう。

前家賃がいつから発生するのか、消毒害虫駆除を施工するのか等で金額は変わってきます。

希望する家賃から、ある程度の予想を立ててお部屋探しをしましょう。

単身の物件では敷金0円・礼金0円の物件も多くありますので、総額10万円もあればお部屋は何とか借りる事は出来そうです!

支払い方法

支払い方法

どこも、銀行振込が基本になるでしょう。
最近は不動産会社に現金を直接持ち込むのは遠慮してほしいというケースが増えています。
入居者としても、トラブル回避の観点から現金の直接持ち込みはしない方が良いと思います。

クレジットカードを利用しての支払いが可能なケースも増えてきています。
この場合注意したいポイントは、カード指定の確認と、分割払いについてです。
全てのカードが使えるわけではなく、カード指定があるケースもあります。
もし指定カードを持っていなければ、この機会に作ってしまうのも1つの方法です。
初期費用だけでなく、家賃や光熱費などの支払い専用のカードにすれば管理しやすくなります。
また、初期費用は思いのほか高額になることもあるので、事前に利用限度額を確認しておくようにしましょう。

賃貸物件の初期費用について知っておきましょう!まとめ

数年前と比べると、賃貸住宅の初期費用の総額は低くなってきています。
家賃や火災保険料等はあまり変わっていませんが、敷金等が大きく下がってきています。
これまでは、家賃の滞納等のトラブル対応の為にも、相当額の敷金が必要でした。
最近は保証会社を利用することにより、大家さんにとっての家賃回収のリスクが大きく軽減されたことで、敷金を下げることができるようになったようです。
それでも初期費用は高額になりますので、お部屋を探し始める時には予算と相談しながら計画的に進める事をオススメします。

広告
>お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

我々は、皆様にご納得いただけるまで、精一杯に賃貸物件のご提案をさせて頂くことをお約束いたします。

CTR IMG