CHINTAI WEBでは、賃貸住宅に係るあらゆる情報をご提供していくWEBサイトです。
賃貸物件を繁忙期に借りる入居者目線のメリットとデメリット

賃貸物件を繁忙期に借りる入居者目線のメリットとデメリット

賃貸物件を繁忙期に借りる入居者目線のメリットとデメリット

賃貸物件を繁忙期に借りる入居者目線のメリットとデメリット

お部屋探しの繁忙期って4月頃ですよね?
そうですね。4月から新生活がスタートしますので、実際はその少し手前くらいでしょうね。

賃貸物件をいざ借りようと動き出した時に、その時期が繁忙期であるのか閑散期であるのかで探し方などが変わってきます。
一般的に賃貸住宅を探す人が多い繁忙期と言われる時期に賃貸物件を借りるメリットとデメリットは何でしょうか。
今回は、時期による賃貸事情を知って少しでもお得にお部屋探しをしてみましょうというお話です。

賃貸物件の繁忙期と閑散期はいつ?

賃貸物件の繁忙期と閑散期はいつ?

賃貸物件の繁忙期は、賃貸住宅の需要が一番伸びる時期です。
つまり、大学生が新生活で一人暮らしを始める時期、新社会人になる人が多くなる時期、会社の人事異動で春から新しい職場に行く人が多い時期、即ち4月からの生活拠点を探す人が多い。
という事は、探し始める時期としては2月・3月が一番の繁忙期で3月上旬あたりは最も忙しい時期となります。
この時期は、探し始める人も多いが、大学生であれば卒業で退去する人も多くなることから賃貸物件の空室も増えてきます。
不動産業者は、新しい入居者の募集と並行して今借りている人達との退去手続きなどを行わないといけないため必然的に忙しくなりますね。

繁忙期に借りるメリットとは?

繁忙期に借りるメリットとは?

では、賃貸物件を繁忙期に借りるメリットってあるのでしょうか?

多くの物件情報から選択ができる

繁忙期は入居したい人もいれば退去したい人も多い、またこの時期に合わせて新築の物件が出てくるケースもあり、とにかく物件情報が多く流通するのがこの時期である。なので、まずは探す条件を明確に定める事が大事である。最寄り駅はどこなのか、家賃は幾らまでか、間取りと広さはどの位か、風呂トイレはユニットバスでOKか別が良いのかなど。ただ全ての条件を満たすものはないので、絶対に譲れない条件を一つ作り、あとは妥協できる条件に順位をつけていく方がよいでしょう。

不動産屋さんが熱心に案内してくれる

不動産屋さんも良い物件情報があるからいち早く入居者を決めたいという気持ちもあるし、どんどんお客様を捌いて売り上げを多く上げたいという気持ちが強いのがこの時期であるから自然と熱が入る。
探す方も必死であるが不動産屋さんも必死、はたまた大家さんも空室であるよりは賃貸人が入居してくれたほうが当然良いわけだから必死でなのです。

新生活キャンペーンなどで家電等がまとめて安く買える

この時期は新しい生活を始める人が多い事から、家電量販店や大手家具メーカーなどでは新生活キャンペーンと銘打ってまとめて商品を安く買える事も一つメリットであると思う。
仲介手数料や敷金礼金や引っ越し代金やまとまったお金が出ていく時期なだけに、こういった安く買えるキャンペーンはお得であると思います。

入居時期が一緒であいさつ等がしやすいかも

同じような境遇で同じ時期に入居になった人達ならば、入居後の最初の挨拶もしやすいかもしれませんね。
あくまで気持ち的な問題だと思いますが。

繁忙期に借りるデメリットは?

繁忙期に借りるデメリットは?

では、賃貸物件を繁忙期に借りるデメリットってあるのでしょうか?

良い物件は早い者勝ちになる

みんながみんな一斉に探している時期で当然に良さそうな物件から決まってくる。したがって決めるにあたってはある程度のスピード感も大事になってくる。自身が思っている住まいの条件を不動産屋さんにしっかりと伝える事が大事で、それを元に不動産屋さんは条件に当てはまりそうな物件を探すことになるので、まずは初回の来店時の相手営業マンとのコミュニケーションが重要になってきます。
あとは、心構えとしては今日見た3件の中から決めるという強い意志が必要であると思います。

焦って決めてしまい後悔するケースがある

当然繁忙期であれば他に探している人もいて、もちろん同じような条件人もいるから、良さそうな物件があったのに決めようと思ったら既に決まっていたなんて事もあります。そんな事も一度経験すると次はすぐ決めようと焦ってよくよく見ずに決めてしまい、入居後に後悔なんて事もあるようです。決めなければいけないスピード感と焦らず冷静な判断というのは難しい所ですが、ここは前述でも述べた希望条件の順位化が必要で絶対に譲れない条件を満たしていれば即決しても良いのでしょう。

家賃交渉がしづらい

賃貸を借りる際に一番気にするのは家賃である。恐らくこの繁忙期の3月位に家賃交渉をしてくれる大家さんは殆どいないだろう。なぜならば次から次に借りたい人がいるのにわざわざ値下げをしてまで貸すのはナンセンスだからである。家賃交渉はしずらいというかできないといっても過言ではない。

引っ越し料金が高い

最後に入居するには引っ越しが必要であるがやはりここも時期的に値段は高くなる。引っ越し屋さんも繁忙期で売上をあげるかき入れ時になるので見積もり価格はどこも強気になる。ただ引っ越し業者は大手から中小まで数多くあることから、少し手間ではあるが多くの業者に見積もりを出してもらい判断するのが無難であると思います。また一人暮らし始めてで大きな家具の搬入等がなければ友人などを呼んで手伝ってもらうのもありですね。

賃貸物件を繁忙期に借りる入居者目線のメリットとデメリットのまとめ

今回は、繁忙期に借りるメリットとデメリットを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。
探す時期が選べる場合と選べない場合があると思いますが、情報の流通量でいえば繁忙期が多いので選択肢が多い中で選びたいというのであれば繁忙期がお勧めです。
先ほどは2月3月前提の話でしたが秋口の9月も第2の繁忙期になっていて、2・3月程の情報量はありませんが探す人は少なくなるので多少じっくり探せるでしょう。
なので時期が選べるのであれば9月あたりもお勧めです。
最後に少しでも良い条件で探すのであれば、先手先手で早めに動くのがよいでしょう。

広告
>お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

我々は、皆様にご納得いただけるまで、精一杯に賃貸物件のご提案をさせて頂くことをお約束いたします。

CTR IMG