CHINTAI WEBでは、賃貸住宅に係るあらゆる情報をご提供していくWEBサイトです。
賃貸契約もオンライン化!IT重説とオンライン内見をすれば、不動産屋へ来店不要です

賃貸契約もオンライン化!IT重説とオンライン内見をすれば、不動産屋へ来店不要です

賃貸契約もオンライン化!IT重説とオンライン内見をすれば、不動産屋へ来店不要です

賃貸契約もオンライン化!IT重説とオンライン内見をすれば、不動産屋へ来店不要です

賃貸物件も現地に行かずにオンラインで契約できる時代になりましたね!
そうですね。オンラインで契約できるようになって便利になりましたね!
ただ、オンラインだと分かりづらいこともありますし、住む場所なので慎重に進めてくださいね。

賃貸契約をするためには多くの場合、不動産会社に来店して実際に希望物件の内見をしてから契約という流れです。
それが、これからは賃貸契約もオンラインでやってしまおう!という流れがあります。
ただ、これだけネット通販が拡大していたとしても、賃貸契約はAmazonで商品をポチっとするのとは訳が違います。
契約事ですから沢山の確認事項が必要ですね。
しかし、IT化が進んでいる現在ではオンラインの技術も発達しており、法も整備された背景から賃貸契約はオンライン化されています。
今回は、オンラインで賃貸契約する際の流れを説明したいと思います。

賃貸契約をオンライン化する3つの要素

賃貸契約をオンライン化する3つの要素

賃貸契約をオンライン化するための課題は、3つあります。

①現地に行かずにどうやって物件を見るか。
②不動産の契約に絶対に必要な重要事項説明をいつ、どうやって聞くか。
③契約書のやり取りをどのようにするか。

これらをオンラインでやってしまおう!という流れが出来ています。
実際にどのように課題をクリアしているのか詳しく説明していきます。

①現地に行かずに内見するにはオンライン内見を使う

現地に行かずに内見するにはオンライン内見を使う

賃貸契約をする上で重要なのは希望物件の間取りや実際のお部屋の雰囲気です。
ネット上で写真を見ることができますが、細かい部分までは見ることができないため内見は来店するのが一般的です。
しかし、この内見さえも通信速度の発達によりオンライン内見で行うことが可能になってきたのです。スマホ一つでオンライン内見が出来てしまうのです。
今まで遠方にいるために物件の内見が出来ないという方は、ご家族に代わりに見てもらうことや物件の写真で確認するなどしか出来なかったのですが、コレにより非常に便利になったと思います。

オンライン内見の方法
不動産会社の営業マンが物件現地に向かい、ご自身は自宅にいながらスマホのTV電話などのオンライン通信を使って室内を見るだけ。

オンライン内見については別の記事で詳しく説明しています。

関連記事

賃貸物件のオンライン内見とは?メリットとその注意点を解説 賃貸物件を借りる際に必ず行うのが物件の「内見」です。 実際に足を運んで、自分の目で見て確かめないと雰囲気がわかりません。 ですが、最近ポピュラーになってきているのが「オ[…]

②契約には必須手順の重要事項説明はIT重説を活用しよう

契約には必須手順の重要事項説明はIT重説を活用しよう

皆さんはIT重説というワードを聞いたことはあるでしょうか?
IT重説とはテレビ電話などを活用して行う重要事項説明のことであり、日本では2017年10月から運用されているシステムです。

従来、対面で宅地建物取引士自ら顧客に建物に関する重要事項を説明するように義務付けられていましたが、双方にテレビ電話などのオンライン通信の環境があれば、重要事項説明が可能になったのです。
これによりオンライン上での対面でも質疑応答や重要事項説明が受けられるようになり、契約までオンラインで行うことが可能になったのです。

なかなか時間が取れずに来店が難しい場合でも自宅にいながら契約に関する重要事項説明が聞けることは嬉しいですね。

それまで、対面での説明が必要だった重説がビデオ通話などIT技術を使ったオンラインで行われる事になったことにより、オンライン化が可能になりました。

③契約書のやり取りはレターパック

契約書のやり取りはレターパック

住みたい物件が決まり、入居審査も通過し、IT重説を受けた。となれば、次は契約書の記名押印という流れになりますね。
実際に契約書は、レターパックなどの郵送を希望すれば不動産会社も対応してくれるので、わざわざ店頭まで取りに行くという行為は不要ですね。
更に付け加えると、最近の賃貸契約では書面を使わずに電子契約をするケースも増えています。
この電子契約が普及すると更にオンライン化が進んでいきますね。

電子契約が増えている

電子契約はオンライン上で署名して契約する方法です。
オンライン上での署名は印鑑と同等の効力があり、データとして残るため紛失の心配が少ないというメリットがあります。

賃貸契約はオンラインで全て可能?

賃貸契約はオンラインで全て可能?

結論を言えば、不動産会社に来店不要で賃貸契約をすることは可能です。
上記で説明したオンライン内見で物件を見て、IT重説を活用して、レターパックで書類のやり取りをするだけですね。
わざわざ、移動しなくて済むので、忙しい時でも空いている時間に契約までできるのは嬉しいですね。

オンラインは注意も必要

オンラインで賃貸契約を行う最大のメリットはその手軽さにありますが、注意する必要もあります。
オンライン上での契約は双方に勘違いが生まれやすく、こんなはずではなかったと後々トラブルになる可能性もあります。
オンラインでの内見では実際のイメージと違ったという可能性があります。
細かいところや立地、周りの雰囲気が気になる方は面倒でも実際に自分が住む場所ですので足を運んでリアルで内見するのが確実です。
部分的にオンラインを活用して、納得してから契約するようにします。

オンライン内見については別の記事で詳しく説明しています。

関連記事

賃貸物件のオンライン内見とは?メリットとその注意点を解説 賃貸物件を借りる際に必ず行うのが物件の「内見」です。 実際に足を運んで、自分の目で見て確かめないと雰囲気がわかりません。 ですが、最近ポピュラーになってきているのが「オ[…]

 

賃貸契約もオンライン化!IT重説とオンライン内見をすれば、不動産屋へ来店不要です【まとめ】

オンラインでの賃貸契約のやり方やポイントについて紹介しました。
オンライン上での賃貸契約は便利ですがリスクもあります。
自分がどのような条件で賃貸契約をしたいのか明確にしてから信頼できる不動産会社と契約することが大切です。

広告
>お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

我々は、皆様にご納得いただけるまで、精一杯に賃貸物件のご提案をさせて頂くことをお約束いたします。

CTR IMG