CHINTAI WEBでは、賃貸住宅に係るあらゆる情報をご提供していくWEBサイトです。
どうして賃貸物件はペット飼育不可が多いの?

どうして賃貸物件はペット飼育不可が多いの?

どうして賃貸物件はペット飼育不可が多いの?

どうしてほとんどの賃貸物件はペットの飼育が出来ないですか?
結局は、賃貸物件って大家さんの商売道具ですからね。ペット飼育可にすることのメリットより、飼育不可にしておくメリットの方が大きいからでしょうね。
しかし、これからはペット飼育可の賃貸物件は、ドンドン増えていくんじゃないでしょうか!

賃貸マンションやアパートなど賃貸住宅に住むメリットといえば、好きな街に住める・いつでも引っ越しがしやすいなどが一般的にはあると思います。
またデメリットといえば、敷金礼金が掛かったり、部屋を自由にリフォーム出来なかったりと自己の所有物ではないので制約が多いのも事実です。
ペット飼育が自由に出来ないというのも賃貸物件の大きな制約ですよね。
最近の新しい分譲マンションは殆どの物件がペットOKで中にはペット専用の足洗い場や排泄用のトイレがあったりと設備も充実しています。
賃貸住宅の中にも最近はペットOKの物件も出てきていますがまだまだ少ないようです。
巷では新型コロナウィルスの影響でペットショップでは犬や猫などの動物が売れているという記事も出ていましたし、動物保護施設では里親に関する問い合わせも増えているといいます。
では、なぜ賃貸物件はペット飼育不可物件が多いのかを説明していきましょう。

ペットの飼育を認めるか認めないかは、大家さんの方針次第

ペットの飼育を認めるか認めないかは、大家さんの方針次第

賃貸物件でペットが飼えるか飼えないかを決定しているのは、所有者である大家さんです。
賃貸物件は、大家さんの大切な資産であり商売道具であります。
ペットの飼育に関しては、メリットもデメリットも大きすぎて、大家さんもすごく頭を悩ます事柄ではないでしょうか。
賃貸住宅の中でペットが飼育できる物件は、平均するとわずか10%程度と言われています。
今の時代では、ペットと共生したいという需要に賃貸物件の供給が全く追いついていないと言えるでしょう。

ペットが飼える賃貸が少ない原因を考えてみましょう。

①近隣トラブル
犬の鳴き声等によるご近所トラブルが起きやすいという事です。犬が大好きな家庭もあれば犬が苦手な家庭もある。大家さんとしては無用なトラブルは避けたいというのはあるだろう。

②退去時の敷金精算の際にもやはりトラブル
もうひとつは、犬や猫を飼うとどうしても部屋を汚されて、退去時の敷金精算の際にもやはりトラブルになりやすいからですね。
猫に柱をひっかかれたり、犬にフローリングに粗相をしてしまい臭いがついてしまったりシミや汚れがついたりすると修繕も大変でお金も掛かります。
その費用を巡って賃借人とトラブルになるケースも多くあり、大家さんとしてはやはり避けたいという思いになるのでしょう。

ペットが飼える賃貸が増えてきている原因を考えてみましょう。

①ペットブーム
今、ペットブームである。室内で小型犬や猫を飼いたいと考えている方がたくさんいらっしゃいますね。

②供給が少ないので、ペット飼育可だと家賃が上がる
相場や値段は、需要と供給のバランスで決まりますよね。ペット飼育可の賃貸物件に関しては、圧倒的に供給が少ない状況にあります。
ですから、家賃を上げても住みたい!という方が多くいるのです。

今後はペットが飼えるマンションが増えていくでしょう

昨今、賃貸物件の大家さん達は、空室問題に悩まされています。需要に対して供給がありすぎるという事がそもそもの問題ではありますが、個性の無い賃貸物件はどうしようもありません。
そんな中、逆にペット飼育可の賃貸物件の数は需要に対して供給が追い付いていないという状態なのです。そう考えると今後、ペット飼育可の賃貸物件は増えていくのは必然でしょう。

ペットを飼う家庭と飼わない家庭の共存は難しいのか?

ペットを飼う家庭と飼わない家庭の共存は難しいのか?

そもそも、ペットを飼う家庭と飼わない家庭の同じ建物内での共存は難しいのでしょうか?
ペットを飼う事を想定していない建物なら、おそらくトラブルは多発するので住む環境としてはどうかな?と感じます。
しかし、最新のペット共生型の賃貸住宅では、とにかくペットを飼育することを想定した共同住宅になっています。
飼う家庭と飼わない家庭の共存は、それなりのペットを飼える設備や環境がそろっていれば問題ないでしょう。

ペットを飼える環境づくりや規則がしっかりと構築されていれば大丈夫

まずペットを飼うにあたってのペット飼育規則があったり飼育に関するマナーが明示されている。
内容としては分譲マンションとあまり変わらず体重が10キロまでや頭数制限等があり、またペットを飼っている家庭同士でペットクラブを設立し、ペットを通じてのコミュニケーションが取れるような組織作りもされている。また設備としてはエレベーターにペットが乗っていることが分かるペットボタンや足洗い場、また部屋内にはリードフックなどが設置されており、どちらかというとペットを飼う家庭を後押ししてくれるような規則や設備が整っていれば安心して住まい出来そうですね。

ペット飼育が出来るマンションに途中で変わることもある

大家さんの意向で今までペットを認めていなかったが、急に認められた方が入居される場合があります。
このケースでは、トラブルが発生するリスクも高いと思いますので注意してください。大家さんが決める事なので、注意のしようもないですが・・・。
本来なら、新築時にペットが飼える事をうたい文句に入居者を募集するのが一番よいのです。それであれば、ペットを飼いたい人だけが集まりペット嫌いな人があえて住むことはないでしょう。

もしペット飼育不可の物件で飼っていたらどうなるのか?

もしペット飼育不可の物件で飼っていたらどうなるのか?

もしも、ペットの飼育できない賃貸物件で内緒で飼っていたら、どうなるのでしょう。
賃貸の営業マンなら物件の案内時にたまに見かける事がある光景でしょう(笑)

勝手にペットを飼ったら契約違反

ペット飼育不可の物件で犬や猫などのペットを飼ったらどうなるのか?
原則、賃貸借契約時の特記事項にて明確に犬猫などのペット飼う事が禁止と記載されている場合は、あきらかな契約違反になります。

契約解除、退去要求される可能性も

この場合、大家さんは賃借人に対しペットを手放すように通知をすることになるでしょう。
また相当な期間を経て通知に従わない場合は、契約が解除され退居を要求される可能性があります。
また、退去後の原状回復にて修繕費用が莫大になったり、ペットを飼った事により設備が破損等した場合は損害賠償を請求される可能性もあります。
なのでペット飼育不可物件で飼う事はさまざまリスクしかないので、どうしても飼いたかったらペット可の物件に引っ越すか、持ち家を購入するきっかけにしても良いかもしれませんね。

ペットの飼育の仕方が時代と共に変化してきた

ペットの飼育の仕方が時代と共に変化してきた

少し古い話になりますが、昭和や平成初期の時代はどちらかというとペットといえば犬が主流でそれも大型犬、や中型犬。
今のように犬を室内で飼うというより、一戸建ての外庭で番犬(防犯犬)として飼っている家庭が多かったように思います。
また、小型犬自体も現在のように多種多様な犬種はなく家の中で犬を飼うという習慣があまり浸透していませんでしたね。

ペットを家族と考えるようになり、室内で飼う家庭が多くなる

しかし、20年くらい前から小型犬がテレビCM等で起用されることにより、小型犬への人気が高まり、またペットを家族の一員として飼うという新しい習慣がうまれてきました。
その時代の流れの中で、今のペット飼育不可の物件は、昔の古い習慣が残ってしまった住宅、すなわちペットを室内で飼うという新たな習慣を取り入れる事ができずに、時代の流れから取り残されてしまったとも考えられるかも知れません。
築年数が比較的古い物件がほぼペット不可なのはこういった理由が当てはまるのではないでしょうか。

どうして賃貸物件はペット飼育不可が多いの?【まとめ】

賃貸物件にペット不可が多いのは、大家さんが賃借人との無用なトラブルを避けたい、また未だに昔の習慣が残っていることからペットを室内で飼うという事自体が進んでいない事が要因であると思います。
しかし、室内で飼えるペットの需要は今格段に伸びています。また、今後の人口減社会となる中で国内に空き家が数多くあるような状況を考えると、賃借人を集めるために少しでも物件としての個性を出していきたいと考えるのではないでしょうか。
その中の考えの一つとして、賃借人が来てもらえるようにペットを飼えるようにする物件は、これからもっと増えてくるのではないかと思います。
ようやく、住宅が時代の流れに追い付いてきたといえる日が来るのはいつになるのか。そう遠い日ではないように思えます。

広告
>お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

我々は、皆様にご納得いただけるまで、精一杯に賃貸物件のご提案をさせて頂くことをお約束いたします。

CTR IMG