CHINTAI WEBでは、賃貸住宅に係るあらゆる情報をご提供していくWEBサイトです。
賃貸住宅でのトラブル!体験談シリーズ CASE.7

賃貸住宅でのトラブル!体験談シリーズ CASE.7

賃貸住宅でのトラブル!体験談シリーズ CASE.7

賃貸住宅でのトラブル!体験談シリーズ CASE.7

こんにちは!
今回の『賃貸住宅でのトラブル!体験談シリーズ』とは、とある方の実体験をご本人にまとめてもらい、記事にさせて頂く体験談シリーズです。
今回は、東京都在住の50代の主婦さんからです!

 

上の階からの水漏れのトラブルがありました!

上の階からの水漏れのトラブルがありました!

50代の主婦です。東京都在住で、結婚してからずっと賃貸暮らしをしています。
3年ほど前の話ですが、住んでいた築30年以上の賃貸マンションでトラブルがありました。上の部屋からの水漏れです。

具体的なトラブルの内容

具体的なトラブルの内容

ある日、リビングの壁に備え付けのインターフォンから水が染み出ているのを子供が発見しました。
上からの水漏れかもしれないと思い、すぐに管理会社に連絡しました。
どこから水漏れしているのか業者がうちの上階の部屋を調べに来ました。
ところが、その日は水漏れがどこの箇所で起きているのか特定できず次回に持ち越しになってしまったのです。
一時的に上階の部屋の水道を止めてくれましたが、住人の生活もあるのでずっと止めておくわけにはいきません。水道栓を開けている間に、水はじわじわと漏れてきます。

翌日、管理会社に早く水漏れ箇所を特定して対処してほしいと電話しました。しかし上階の住人が不在で入室できず、すぐには水漏れの箇所を確認できないと言われました。
そのうちにインターフォンがおかしくなってピンポンピンポンという音が鳴りやまなくなりました。
管理人不在の早朝に、うちのインターフォンが誤作動を起こして警備会社の人が直接確認に来るということもありました。
インターフォンから染み出る水分を雑巾で拭いていましたが、水の量が増えてピチョピチョと下に落ちてくるようになりました。
水漏れはリビングや廊下の天井にも広がり、あちこちにバケツや洗面器を置く羽目に。
居ても立っても居られず管理会社に何度も電話して、やっと業者に来てもらえました。
真上の部屋のキッチンの水道管に小さな穴が開いているのがわかったのは、水漏れに気付いてから5日後のことでした。

どう解決したのか?

どう解決したのか?

業者に穴を塞いでもらい、水漏れはやっと収まりました。
うちの天井から防水シートを差し込んで養生し、水で濡れた廊下やリビングの壁紙は新しく張り替えてもらうことに。
しかしインターフォンは修理できず、もう製造中止になっているので付け替えることができないと管理会社に言われました。
「空いている部屋のインターフォンを外してそちらに付け替えるという方法がありますが、オーナーの了承が必要なので…」とやる気がなさそうな言い方です。

危なくないように業者が水浸しのインターフォンの内部の配線を切り、むき出しのまま放置。
「代わりのインターフォンが付けられないなら、ブザーを取り付けてもらえませんか」と管理会社にお願いしたのですが、オーナーと相談するからと言うばかりで、結局半年以上何もしてくれませんでした。

最初は管理会社の担当者にたびたび電話をかけていました。
でもブザーの取り付けは交渉してもなしのつぶてで、折り返しの電話をお願いしても全然かかってこないので、こちらから電話をかけるのがいやになってしまいました。
勝手にブザーを設置することもできず、対策を考えました。
新聞受けをカタカタ鳴らして訪問を知らせてほしいと玄関に張り紙をしました。
来訪者がドアを叩いても聞こえないことが多く、新聞受けを鳴らしてもらうほうがよくわかるのです。

宅配便や郵便局の配達の人にも事情を説明したら、「このマンションは対応遅いよね。早く修理してくれたらいいのにね。」と同情してくれました。
賃貸なのでいやなら引っ越しすればいいのですが、事情があって引っ越しができない状況だったので我慢するしかありません。
そんな不便な生活が半年以上も続きました。
しばらくしてマンションのオーナーが別の会社に変わったことを知りました。
程なく、インターフォンは全戸新しいものに付け替えられることになったのです。
オーナーチェンジのことを知って、こちらから管理会社に電話を入れてみたらその話をしてきました。
新しいインターフォンを付けてもらえると聞き、家族一同ホッとしたのはいうまでもありません。
長かった水漏れ騒動に幕が下りました。

賃貸住宅でのトラブル!体験談シリーズ CASE.7【まとめ】

古い賃貸の集合住宅は水漏れするケースが多いと思います。
水漏れの修理に来てくれた業者の方から「このマンションは他の部屋も水漏れが多いよ」という話を聞きました。
築年数30年以上だと老朽化で水漏れするのも仕方ないのでしょう。
まさか水漏れでインターフォンが壊れるとは思ってもいませんでしたが、そんなケースは他にもあるのかもしれません。
うち一軒だけじゃインターフォン付け替えは無理だとしても、管理会社の担当者にはもう少し誠意のある対応をしてほしかったです。
自分自身、水漏れでこんな風に生活に影響が出るなんて全く想像もしていませんでした。
願わくは水漏れは起こってほしくありません。たまたま被害にあいましたが、自分の部屋が水漏れの原因になって階下に迷惑をかける可能性もあります。
いずれにしても初期対応が大切だなと思いました。
それまで賃貸暮らしは気楽でいいと思っていました。古い集合住宅にトラブルは付き物ですが、とにかく強烈に印象に残っている出来事です。

 

広告
>お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

我々は、皆様にご納得いただけるまで、精一杯に賃貸物件のご提案をさせて頂くことをお約束いたします。

CTR IMG