CHINTAI WEBでは、賃貸住宅に係るあらゆる情報をご提供していくWEBサイトです。

賃貸物件に多い、おとり広告・誇大広告!見分け方教えます!

賃貸物件に多い、おとり広告・誇大広告!見分け方教えます!

今回は、不動産業界で昔からよくある迷惑行為、おとり広告・誇大広告についてお話をします。
そろそろ引っ越しをしたいなと考えた時に、希望に沿ったお部屋を探し始めますよね。
インターネットで物件の検索をすると、お部屋の情報がたくさん載っています。すごく条件の良い物件を見つけて、不動産会社に問い合わせてみると・・・
「そのお部屋は他の人が契約してしまいました。」なんて事があります。

これって誇大広告?そもそも、その部屋、本当に空室だったの?など、経験したことありませんか。
広い意味ではそれも誇大広告となるでしょう。

ただ、悪意を持っている不動産会社の誇大広告とは、そういうものではありません。詳しく説明していきます。

おとり広告・誇大広告のパターン

まず、おとり広告・誇大広告とはこのようなことを言います。

実際に存在しない架空の物件(かなり魅力的に作り上げられた物件)が広告されている。
存在はしているが、本来の募集家賃ではなく、格安の設定で広告されている。

おとり広告って聞いただけで、めんどくさいですよね。
しかし、おとり広告は冷静に周辺の物件と比較してみると、プロでなくても怪しく見えてきます。
要は、周辺の同じスペックの物件と比較しても明らかに家賃が安く設定されているからです。騙されたくない!と考えるなら、周辺相場と比較してみてくださいね。

誇大広告って誰にメリットがあるの?

そもそも、存在しない物件で広告をしたとして、成約になるわけがないし普通に考えれば広告費の無駄遣いですよね。では、なぜ存在しない物件に広告費を払ってまで、おとり広告をしているのかを説明します。

何故、誇大広告をするのか?

賃貸物件の数は膨大でその一つ一つを丁寧に募集する労力が無く、手間を避けている不動産会社の悪知恵。
不動産会社の数が増えすぎて問い合わせが各社に分散化してしまい、反響率の高いおとり広告で広告費削減。

このような理由で誇大広告をしている会社はまだあります。
ただ、あらゆる情報が流通しまくっている今の社会では言うまでもなく、このような不動産会社は淘汰されていくでしょう。

実際に、誇大広告の物件に引っかかってみるとどうなる?

まず、電話やメールでの連絡時は、空いていると告げられて会う約束を求められます。
その後、実際に対面してから、実は募集がないことを告げられます。
ここから、営業マンが頑張りだしますので注意してください。要は、他の物件の紹介を受ける事になり、契約を迫られるのです。(ゴリ押し気味に・・・。)
こういう会社の営業マンは話が上手な方が多いです。
そもそも、お客様との出会いからマイナスイメージになるので、それを覆す営業スタイルを持っている強気な営業マンしか勤まりませんよね。あまり担当されたくない気がしますね…。

ある意味、おとり広告とは言えないパターンもある

実際に賃貸物件の入れ替わりはすごく短いスパンで発生するので、問い合わせをした時に無くなっていることもよくあります。
しかし、そのあとの対応は優良な不動産会社と悪意あるおとり広告業者とは全く異なりますね。
優良な不動産会社なら募集中か成約済みかは必ずお問い合わせ時にハッキリと教えてくれます。

当然、成約済みであった場合も、他の物件の提案をさせてくださいと言ってくると思いますが、空室であると嘘をついてまで会おうとしないのが良識ある不動産会社の対応ということですね。

逆におとり広告業者は、物件が空室とか募集中かは関係ないのです、そもそも存在しない物件の広告を打っているわけですので、お客さんと会うことを目的としています。

おとり広告の見分け方

おとり広告の見分け方を何個か箇条書きで紹介します。

周辺の同じスペックの物件と条件を比較してみる。明らかに違う場合は誇大広告の可能性アリ
怪しい条件の物件、且つ1つの不動産会社しか広告に出していないときは可能性アリ
2社以上にお問い合わせを入れてそれぞれ空室or募集中の確認を取ってみる。状況にズレがあれば可能性アリ
会う場所を不動産会社ではなく、現地待ち合わせの希望を出してみて、断られると可能性アリ
お問い合わせの段階で物件の住所を聞いても教えてくれない時は可能性アリ

このような時に疑いがあるでしょう。

賃貸物件に多い、おとり広告・誇大広告!見分け方教えます!まとめ

お部屋を探す作業は本当に大変です。希望のお部屋を見つけるためには、信頼できるお店と出会う必要があります。
そもそも不動産会社は、沢山のお客さんにお店に来店してもらうために、広告を出します。
「新築」「家賃が安い」「お部屋が広い」という魅力的なフレーズを見た方が、この部屋に住みたいと思い、連絡を取られますよね。こういった流れで気に入ったお部屋が契約できれば、不動産会社にとってもお客さんにとっても素晴らしい事です。
もっともっと誇大広告・おとり広告がなくなり、気持ちの良い広告しかない世界になればよいなと思います。

広告
>お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

我々は、皆様にご納得いただけるまで、精一杯に賃貸物件のご提案をさせて頂くことをお約束いたします。

CTR IMG