CHINTAI WEBでは、賃貸住宅に係るあらゆる情報をご提供していくWEBサイトです。
賃貸物件で多い騒音トラブルの対策とは?

賃貸物件で多い騒音トラブルの対策とは?

賃貸物件で多い騒音トラブルの対策とは?

賃貸物件で多い騒音トラブルの対策とは?

集合住宅に住む上では、隣人やご近所との発生するトラブルとしては、ゴミ問題、悪臭、違法駐車、ペット問題、騒音などがあります。
その中で賃貸住宅で一番多いトラブルが、騒音トラブルです。
集合住宅に住むとなれば、隣や上の階の人の生活音は聞こえるものですが、音が度を超せば騒音となります。
生活するなら、誰でも静かな環境でトラブルなくすごしたいものでしょう。
騒音トラブルを避けるにはどうすればいいのか?対策と一緒に考えてみます。

騒音トラブルは精神的にも経済的にも負担になる

賃貸物件で多い騒音トラブルの対策とは?

トラブルは、マンションやアパートのみならず、戸建ての賃貸でも人が集まる場所ではどこでも起こる可能性があります。
音を気にする毎日だと生活が窮屈になり精神的にもよくありません。
騒音トラブルで暴力事件に発展することもありますので、慎重にならざるを得ません。
そんな中、我慢の限界で他の場所に引っ越しすると判断される方もいます。
そうなれば、他の賃貸物件に引っ越す為の初期費用が掛かりますので、経済的に負担がかかってしまいます。
そうならないように、騒音トラブルの回避案をお伝えします。

騒音トラブルを回避する為の賃貸物件選び

賃貸探しで防犯やセキュリティって重要!

騒音は、入居する物件の選び方でも、防げるかどうかある程度決まります。
入居前には内見して部屋を見るので、そのときに音が発生しやすいかどうか確認します。

賃貸物件の構造を考えて住む部屋を決める

室内や室外の音が響きやすいかどうかは、建物の構造で決まります。
音が響きやすいのが木造であり、音が響きにくいのが鉄骨鉄筋コンクリートです。

  1. 木造
  2. 軽量鉄骨造
  3. 重量鉄骨造
  4. 鉄筋コンクリート造
  5. 鉄骨鉄筋コンクリート

響きやすさは、上記のようになります。
ちなみに、木造と軽量鉄骨は、音の響きやすさにほとんど差がありません。
また、賃貸物件の家賃では、木造は安く、鉄骨鉄筋コンクリートが高いことが多く、家賃と防音性は関係します。
騒音トラブルを避けて防音性の高い部屋に住みたいなら、鉄骨コンクリートか鉄骨鉄筋コンクリートの建物を選んでください。
鉄骨コンクリートはRC、鉄骨鉄筋コンクリートはSRCと表記されている場合もあります。

賃貸物件は角部屋が良い!更に独立部屋は最適!

角部屋が騒音リスクを下げる!
物件の構造以外にも騒音リスクを下げる方法があります。建物には角部屋と中部屋というものがありますよね。
もし、1フロアに2戸しかなければ、どちらの部屋を選んでも角部屋になりますが…。
では、角部屋と中部屋でどちらに人気が集まるのかというと、間違いなく角部屋になります。
角部屋は、家賃に関していうとデメリットもあります。角部屋、中部屋共に同じ大きさや間取りであったとしても、1000円程度は角部屋の方が高く設定されるのです。
それでも同時に空いているなら、角部屋を選択する人がほとんどです。
両面に隣り合わせた部屋があるよりも、片面だけになっている方が、騒音のリスクが半分ですむからですね。
中には、角部屋限定のお客様もいるくらいです。中部屋は絶対に嫌だとおっしゃる方もあるのです。
角部屋のメリットをもう一つ上げるとすると、2面に窓が付いているので風通しや日当たりが期待できるというのもありますね。
角部屋、中部屋どちらも選べる状態ならば、騒音リスクを考え迷わず角部屋を選ばれることをおすすめします。
更に独立部屋も希少価値があり人気があります!

独立部屋なら更にリスクを下げる!
角部屋より更にリスクを下げるには、独立部屋というのもあります。
四面全て隣り合わせた部屋が存在しない。共用部分の廊下や階段などの隣接だけで設計されているお部屋です。
共同住宅とよばれるマンションで騒音リスクを考えるなら、この仕様が一番のリスクヘッジになるでしょう。

お子様がいるご家庭は、1階かテナント上の2階が狙い目!

お子様がいるご家庭では、上下階の物音が気になってしまうのではないでしょうか。
小さいお子様は、元気が有り余っていますので、飛び跳ねたりすることは日常です…。
注意をしてもいう事なんて、聞いてくれませんよね…。
そういう方には、1階で下層階のないお部屋が良いかもしれませんね。実際に子供がバタバタするので1階限定でお部屋を探したい!という方は沢山いらっしゃるのです。
更に盲点なのは、2階です。
物件をよく見ると、1階に駐車場や倉庫やテナントがある物件は少なくなりません、そんな物件なら住居としては2階が最下層になるので含めて考えましょう!

生活で気を付けるべき事

大きな音を出せば騒音になりますが、日常生活の中で発生する音も、音に対して過敏な人が近隣にいれば騒音としてとらえられてしまいます。
例えば、上の階の足音でも平気な人と気になる人がいます。
集合住宅で騒音トラブルになる音は以下の通りです。

上階や隣の部屋の足音
上階や隣の部屋の話し声
テレビやパソコン、音楽プレイヤーの音
ペットの鳴き声
掃除機や洗濯物の稼働音
ピアノやギターの音

この中では、掃除機や洗濯物の音は昼間だと騒音になりにくいです。
夜中使うと騒音として周囲に音が響き、朝方でも使うとうるさいと感じる方がいます。
気をつけていても、足音がうるさい、窓やドアを開け閉めする音がうるさいなどと苦情になるケースもあります。
騒音トラブルになるかどうかは、近隣にどのような方が住んでいるかの運次第という部分もあります。
しかし、賃貸物件では音が響きにくい構造の建物や選ぶ部屋によってリスクを軽減できます。

手軽にできる防音対策グッズ

それでは、防音対策グッズをご紹介していきます。
防音の方法は、吸音、遮音、防振の3つです。
賃貸部住宅に住むとなると、防音シートやマットを使うこととなるので、遮音をメインにした防音対策です。
また、防音カーテンが売っているので、これも防音対策に使えます。
シート、マット、カーテンのどれでも厚みがあるほど、防音性が高いです。
このようなグッズを賃貸住宅で使うとなれば、部屋を借りているので、壁や床に接着剤で固定することはできません。
剥がせるようなタイプのグッズや、固定できるようなグッズを使います。

防音・防振マット

歩く音や洗濯機を回す音は、マットを敷くとある程度軽減できます。
防音・防振マットは、自分が騒音を発生させないために使えるグッズです。
フロアマットのようなある程度大きさのあるものから、防振ゴムのような小さいグッズもあるので、使う場所にあわせて選んでいきます。
防振ゴムは、スピーカーの振動を減らすのにも使えます。

防音カーテン

自分の部屋から発生する音はもちろん、外から入ってくる音を減らすのにも使えるグッズです。
通常のカーテンよりも厚みがあり、遮音性を高めています。
空気音に対して有効なグッズであり、窓から入ってくる音を軽減するのに役立ちます。
窓の防音性をさらに高めたいとなれば、窓に貼る防音シートを使ってください。

防音パネル

隣の部屋からの音を減らすのに役立つアイテムです。
防音パネルは、数cmの厚みのあるパネルであり、壁に設置するだけで、壁の防音性を高めます。
パネルは、突っ張り棒、両面テープ、専用のジョイントで壁に取り付けられるようになっており、賃貸住宅でも使えます。
壁の防音性を高めるなら、壁の広さ分のパネルを買って設置します。
防音グッズの中では、数万円~数十万円かかるアイテムですが、防音能力が高いグッズです。
パネルの設置が大がかりになることもあるので、物件の管理会社や工務店に相談すると、施工してくれるかもしれません。

賃貸物件で多い騒音トラブルの対策とは?【まとめ】

賃貸住宅の騒音トラブルは、どのような物件に住むかで、ある程度は軽減することが出来ます。
騒音トラブルに合わないよう、建物の構造や部屋の位置をしっかりと考えて物件選びをしましょう。
入居後に発生する騒音については、防音シートや防音パネルを使うと、ある程度は軽減できるでしょう。

広告
>お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

我々は、皆様にご納得いただけるまで、精一杯に賃貸物件のご提案をさせて頂くことをお約束いたします。

CTR IMG