CHINTAI WEBでは、賃貸住宅に係るあらゆる情報をご提供していくWEBサイトです。

賃貸マンションの更新料について解説!保険や保証会社からも請求書が!

賃貸マンションの更新料について解説!保険や保証会社からも請求書が!

賃貸契約の更新料って何か知ってます?
契約の節目に家主さんに支払う費用のことですよね。
へー。契約した後にも、家賃以外に費用がかかるんですね。

賃貸物件を選ぶ際のポイントって、人それぞれですよね。
物件の築年数や、設備、毎月の家賃、初期費用などバランスを考えて物件を選んでいきます。
そこで、気を付けておいて欲しいことをお伝えします。

住んだ後にかかる費用もあるっていうお話です。もちろん不動産会社の方に契約時にお話は聞くと思いますが、これから支払う費用は毎月の家賃だけではないという事ですね。

契約後(入居後)に必要な費用はさまざま更新料

賃貸物件は、住んで数年後などに忘れたころ請求がくるものです。
どんな請求が来るかというと、賃貸契約に付随する契約に対する更新料ですね。
種類は、以下のようなものがあります。

賃貸契約の更新料
火災保険の更新
保証会社に支払う更新料

お住まいになっている物件によって、他にも更新が必要な事柄もあると思いますが、多くはこの3つですね。
詳しく説明していきます。

契約更新時の必要な「更新料」

賃貸契約には期限が設けられています、1年か2年のサイクルで更新していくのが相場ですね。
賃貸契約にはその節目に「更新料」というものを大家さんに支払う慣習があるのです。

しかし、この更新料という慣習は地域によって差があります。
更新料は、必要な地域もあれば必要でない地域もあるのです。
筆者は、関西の大阪出身ですが、大阪では昔はありませんでした。しかし、数年前より徐々に更新料といものが設定されてきています。

他に関西圏でいうと、京都府は昔から更新料が必要な慣習ですね。
関東圏の東京などは、更新料があり更に数カ月分などの高額な設定もあるようですね。

ちなみに、大阪では2年のサイクルで1万円から家賃1ヵ月分までの設定が多いですね。

保証会社への「更新料」

お部屋の契約時には、ほぼ必要になるのが連帯保証人

一昔前までは、別世帯の親族や知人にお願いするのが一般的でした。
しかし、頼める親族がいない方など、連帯保証人を用意することが難しい現実もあります。
そこで、連帯保証人の代わりに、保証会社を利用するケースが増えてきています。

さらに最近では、そもそも連帯保証人を求めずに、最初から保証会社との契約を必須としている賃貸マンションが多くなっていますね。連帯保証人と保証会社を併用する物件も中にはあります。

保証会社との契約は、使っている保証会社のプランによって内容が様々です。
初回に「払いきりで更新なし」や「1年更新」などがありますね。
更新料は今の相場で1年1万円程度でしょう。

火災保険の「更新」

火災保険も賃貸契約を結ぶ時に必須条件になっていますよね。

賃貸契約時に不動産会社から提示される火災保険に加入している方が、ほとんどではないでしょうか。
覚えてなくてもおそらくそうなっていると思います。

火災保険の契約期間も、他とよく似ていて1年もしくは2年です。
その契約期間満了前に火災保険会社から更新通知が送付されてきます。
火災保険の料金は荷物量によってバラバラかとおもいます。

単身の方で1年分で1万円前後の保険
ファミリーの方で1年分で1.5万円前後の保険

だいたいこのあたりの保険に入っていらっしゃるのではないでしょうか。
ちなみに更新は契約時に入っていた、同プランで通知が来ることになるでしょう。

賃貸マンションの更新料について解説!保険や保証会社からも請求書が!【まとめ】

契約後(入居後)に必要な費用はさまざま更新料が発生します。
種類は、以下ですね。
賃貸契約の更新料
火災保険の更新
保証会社に支払う更新料
必ず契約書を交わしていますので、住み続ける以上は回避できません。
予定外の請求が来て焦ることのない様に、頭の片隅には忘れずに入れておいてくださいね。

広告
>お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

我々は、皆様にご納得いただけるまで、精一杯に賃貸物件のご提案をさせて頂くことをお約束いたします。

CTR IMG