CHINTAI WEBでは、賃貸住宅に係るあらゆる情報をご提供していくWEBサイトです。
賃貸物件の契約時の流れを知りたい!初めての一人暮らし!

賃貸物件の契約時の流れを知りたい!初めての一人暮らし!

賃貸物件の契約時の流れを知りたい!初めての一人暮らし!

賃貸物件の契約時の流れを知りたい!初めての一人暮らし!

やったー! 両親から一人暮らしの許可がおりましたー。
早速、賃貸物件を探そうと思うんですけど、先に賃貸契約の流れについて教えてもらっても良いですかー??
それは、ワクワクですね。
了解しました!順を追ってお話しましょう!

就職や結婚など新生活をスタートするにあたって、初めて賃貸物件の契約をするという方は多いですよね。
契約という言葉からなんだか難しそうだと感じている方もいるかもしれません。確かにやることは少し多いですが、流れはシンプルなので、不安に思う必要はないですよ。
この記事では、事前に知っておきたい賃貸物件の契約時の流れについて説明します。

賃貸物件の内見をし、申込書を記入

賃貸物件の内見をし、申込書を記入

まずは住みたい物件探しから始めましょう。
インターネットで検索したり、不動産会社に相談したりして物件情報を入手し、自分の条件に合う物件を探します。

気になる物件は必ず内見しよう

内見とは、不動産会社を通して物件を実際に訪れて見学することです。
気になる物件が見つかったら、必ず内見して実際の建物や部屋の雰囲気、間取りや設備、周辺の環境などを確認しましょう。
引っ越したあとに後悔しないためにも、複数の物件を内見したうえで検討することが大切です。

物件が決まったら入居申込書を記入

住みたい物件が決まったら、入居申込書を不動産会社に提出します。入居申込書を出した時点で正式な申し込みとなるので、よく考えて判断しましょう。
入居申込書には、住所、氏名、勤務先、年収、勤続年数などの他に、連帯保証人の氏名や連絡先も記入します。
連帯保証人さんの記入箇所は、当日不明箇所がある場合は、後日記入することが多いです。
連帯保証人とは、入居者が家賃を支払えなくなったときに代わりに支払いの義務を負う人のことで、一般的には親族にお願いするケースが多いです。

連帯保証人について詳しく解説している別記事があるので参照してみてください。

また、入居申込書の他にも、入居者の身分証が必要となるでしょう。
気に入った物件があったらすぐに申し込みができるよう、内見前にあらかじめ準備しておくとスムーズです。

賃貸物件は全て入居審査がある

賃貸物件は全て入居審査がある

入居申込書などの提出書類をもとに、入居審査が行われます。
審査にかかる期間は、早くて即日〜3日、長くても1週間程度です。主に、家賃を滞りなく支払う能力があるか、という観点で審査が行われます。

賃貸契約する際は、重要事項説明を受けなければならない

賃貸契約する際は、重要事項説明を受けなければならない

無事に審査を通過したらいよいよ契約となりますが、その前に不動産会社から重要事項説明を受けます。
物件の詳細、家賃や更新料などの契約内容の詳細について確認するためのもので、必ず実施しなければなりません。
特に、敷金の取り扱いや特約の内容は、退去時にトラブルが起きやすい部分なので慎重にチェックしましょう。
ここで疑問点を残したままにしないように、小さなことでも納得いくまで確認するようにしてください。

契約書類の受け取りと記名押印

契約書類の受け取りと記名押印

重要事項説明の内容を確認したら、契約の手続きをします。
契約時には印鑑の他に、入居者と連帯保証人の住民票や収入証明など、多くの書類が必要です。手に入れるのに時間がかかる書類もあるので、余裕を持って準備しておきましょう。
契約書は2部作成し、1部は大家さん、もう1部は入居者自身が受け取ります。

通常は、まず2部とも入居者の方から記名押印をして、2部とも不動産会社に提出します。
その後に大家さんも2部ともに記名捺印し、部が入居者へ渡されるという流れです。

決済金の入金

決済金の入金

契約することを決めたら決済金を支払います。
通常は敷金、礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料などが初期費用として必要です。
支払い方法や期日はさまざまですが、契約書を作る日の前日までに、不動産会社の銀行口座に振り込むことが多いです。
数十万円もの大金になるので、確実に準備しておきましょう。

賃貸物件の鍵を貰う

賃貸物件の鍵を貰う

入金と契約書作成が完了したら、ついに鍵を受け取ることができます。
引っ越しの準備や電気やガスの手続き、大家さんへの挨拶など、やることはたくさんありますが、ここで新しい生活が始まると思うとワクワクしますね!

賃貸物件の契約時の流れを知りたい!初めての一人暮らし!【まとめ】

いかがでしたか?
初めて賃貸物件の契約をするときは、誰だってわからないことだらけです。不動産会社特有の専門用語も多いので、不明点があれば小さなことでも確認しましょう。
賃貸物件の契約は書類集めなどの手間はかかりますが、初めて自分で選んで住んだ物件は、きっと生涯忘れられない場所になりますよ。ぜひ、新生活を楽しんでください!

広告
>お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

我々は、皆様にご納得いただけるまで、精一杯に賃貸物件のご提案をさせて頂くことをお約束いたします。

CTR IMG