CHINTAI WEBでは、賃貸住宅に係るあらゆる情報をご提供していくWEBサイトです。
賃貸住宅でのトラブル!体験談シリーズ CASE.2

賃貸住宅でのトラブル!体験談シリーズ CASE.2

賃貸住宅でのトラブル!体験談シリーズ CASE.2

賃貸住宅でのトラブル!体験談シリーズ CASE.2

こんにちは!
今回の『賃貸住宅でのトラブル!体験談シリーズ』とは、とある方の実体験をご本人にまとめてもらい、記事にさせて頂く体験談シリーズです。
今回は、30代の会社員さんから。
入居までにハウスクリーニングをしておくと約束されていたはずが、されていない・・・。
その後の対応もあまりにひどい話です・・・。

簡単な自己紹介と出会った賃貸トラブル

簡単な自己紹介と出会った賃貸トラブル

30代の会社員です。トラブルがあったのは10年ほど前の話で当時は東京都に住んでいました。
私が体験したトラブルは入居時の汚損・破損と退去費用についてです。

具体的なトラブルの内容はハウスクリーニング問題

具体的なトラブルの内容はハウスクリーニング問題

当時住んでいた部屋が手狭になったので、物件の内見を行い希望に合う物件だったので契約をすることに決めたのですが室内の状況に少し違和感がありました。
長く空室だったのかわかりませんが所々埃を被っている所があったり、米粒や洋服のタグの切れ端などがフローリングに落ちていたりしました。
「このままの状況で引き渡しではないだろう」とは思ったのですが一応管理会社に現状を話し「入居前にハウスクリーニングは入るのか」と確認したところ「引き渡しが近くなったらハウスクリーニングを入れる」との返答でした。

悪い予感は的中

そのまま、契約手続きを行い引き渡し日の前日夕方頃に鍵を預かりました。
中の様子が気になっていたので、その足で物件に向かい中を確認したのですが中は物件を内見した時のままでした。
時刻は夜7時過ぎで、その日に今からハウスクリーニングが入るとは思えないので管理会社に電話をしたのですが営業時間が終わっており電話は通じませんでした。

引っ越しは翌日に控えており午前中に荷物を搬出してその日のうちに搬入する予定になっていました。
そのため、そのまま引っ越しを行うとこの汚い部屋に荷物を入れることになってしまうのですが、掃除用具もないのでどうすることもできず中の写真を何枚か取ってその日は帰宅しました。

結局、自分たちで掃除をすることに

翌日は妻が転居先の物件へ朝の7時頃から向かって中の掃除を行い、私が荷物の搬出に立ち会うと言う事にしました。
荷物の搬出が終わってから私も急いで転居先に向かい到着したのがお昼の12時ころです。
中は一通り奇麗になっていましたが妻曰くかなり汚かったとのことでした。

具体的には

・米粒が落ちている
・タグの切れ端が落ちている
・埃の塊が窓のレールに溜っている
・キッチンの取っ手などが油っぽくてべたつく
・畳はすすけており、雑巾で拭くと手の跡がつくほどの汚れ

等々。明らかに清掃がされていない。
それらの状況を清掃前から写真に収めて置きました。
引っ越し業者が来る前に管理会社に電話をしてハウスクリーニングを入れると言った人に事の顛末を話したところ「ハウスクリーニングは入ったはずですが、、、」と言う何ともあいまいな返答が返ってきました。
実際中が汚いので連絡をしている旨を話しても確認して折り返すと言ったままその日は連絡がありませんでした。

折り返しが来ないので翌日、私から電話をしたのですが担当者が不在でわからないとのことでした。
このままだと泣き寝入りで終わってしまうと思ったので、管理会社宛てに入居前の状態を撮った写真とその説明をまとめたもの、加えて契約時の担当者との会話を時系列で記した文書を送りました。

担当が変わるパターン

数日して管理会社から電話があり、担当者が変わったとのことで別の人が対応をしてくれました。
私が送った書類の内容を確認して頂きどのような対応になるのかを尋ねたら
「これからハウスクリーニングを行うという事でいかがでしたでしょうか?」
との返事でした。
「既に引っ越ししていて荷物も入っているのですが、これからハウスクリーニングを行うのですか?また、引っ越し前に自身で中を清掃しておりその旨の内容も文章でお送りしていますがご覧いただけていますか?」
とお話したら、確認をして折り返すという事で電話は終わりました。

またまた担当が変わるパターン

翌日、また別の担当者から電話があり清掃がされていなかった事に対する謝罪と「退去時に行うハウスクリーニングの費用については請求しない」と言うお話をされました。

ちなみに東京都の物件は『東京都賃貸物件紛争防止条例』と言う条例で費用の負担を分けているのですが、退去時の原状回復費用としてハウスクリーニングの費用は借主が負担するという事が一般的でした。

内容について納得したので今回の件については話を終わらせることになりました。
ただ、後から話がこじれても嫌なので、退去時のクリーニング費用についての取り決めを文書にして貰いたいと言ったのですが「こちらで記録を残しておくので大丈夫です。」と言われて結局そのまま何も取り交わすことなく終わりました。

それから2年経ち、退去することに

それから2年経ち、退去することに

2年後、諸事情により引っ越しをしなくてはいけなくなったので賃貸の解約をする旨を管理会社に伝え、荷物を全て出した後に退去の立会を行いました。
中の状態を一通り確認頂き汚れや傷について確認をして、その場で修繕にかかる費用を算出していました。

まさかのクリーニング費用

そして見積もりの中には『ハウスクリーニング費用』がしっかりと入っていたのです。
立ち合いをした方に「ハウスクリーニング費用は負担できません」と伝えたのですが、その人は「契約書に記載されている内容なので負担をして貰わないと困ります」と言うお返事でした。

入居当時のことを説明したのですが、立ち合いの方も困惑しており「戻って確認をする」という事でその場は鍵を返却して終わりました。

その日のうちに電話があり、ハウスクリーニング費用については請求しないという事で確認が取れたようで話は終わりました。
管理会社の「記録を残しておくので大丈夫」と言う言葉を鵜呑みにせず覚書を作ってもらえばよかったと後悔しました。

賃貸住宅でのトラブル!体験談シリーズ CASE.2【教訓】

今回の教訓としては入居前に中を確認して状況の写真を取っておいたことできちんと状況の説明をすることができて、余計な費用を払わずに済みました。

広告
>お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

お部屋探しなら、賃貸物件充実のホームメイトで検索

我々は、皆様にご納得いただけるまで、精一杯に賃貸物件のご提案をさせて頂くことをお約束いたします。

CTR IMG